ホキ美術館

先日、駅前のシティーミュージアムに「ホキ美術館」の企画展示を見に行って来ました。

朝1番に行きましたが案内の方が今から1時間待ちですと言われビックリしてしま

いました!ホキ美術館は世界で初めての写実絵画の専門美術館として、2010年に千葉県にオープンしたそうです。多数の写実絵画が一堂に会した展示は、驚きと感動の絵画展でした。大勢の人々に写実絵画の魅力を伝えているとの言葉通り、絵画でありながら実物を見ているような、あるいは実際以上にリアリティを感じるような驚きの写実絵画の世界でした。1年に数点しか描くことができないほど、画家が時間をかけて1枚の絵と向き合いこつこつと緻密作り上げた作品だそうです。その世界を目の当たりにすると、絵は写真以上に人も花も景色もすべて、暖かさが伝わってくる作品でした。

何時か行く機会があれば、千葉県にある「ホキ美術館」にも行ってみたいと思いました。

 

癒しの休日

 

年末年始、何処かに出かけることもなくゆっくりと過ごしました♪

大掃除や整理整頓もいつもなら必死にしていましたが、今回は

無理することなく疲れない程度にかたずけをしました。

その代わりに、いつも寂しい思いをさせてしまっている犬のナナと猫のミクと

沢山スキンシップ??

寝顔にほっこりさせられたり、可愛い顔に癒されたり♡

構いすぎて、もしかしたらナナとミクにとってはありがた迷惑だったかもしれません(笑)

私の方が癒されて、元気をもらいました♡

忙しない年末年始ではなく、穏やかなお休みでリフレッシュできました!!

 

感謝を込めて

新店舗オープン、無事終わりました。

皆様に、色々とご迷惑おかけして、不愉快の思いをされた事も多かったと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

引っ越しの準備で忙しくしている時{引っ越し大変でしょ?」「無理しすぎないようにしてくださいね」

「お疲れを出さないようにしてください」と沢山の励ましのお言葉をいただいて、どれだけ元気づけられたかわかりません。

頑張ろうと思う原動力になりました!改めてお礼申し上げます。

 

本当に有難うございました。

これからもよろしくお願いいたします。

長谷川真理

 

正常値・総コレステロールを目指して♡ No

~体質改善~

更年期以降に、総コレステローが226mg/dL(悪玉コレステロールも増加)高くなって、それに加えて体重が約10Kg増えてしまいました.

健康診断の先生にも「頑張って痩せましょうね」と優しく注意されました。

ホルモンバランス関係で代謝が落ちてむくみやすくなり、体のだるさや軽い眩暈や頭痛など色々な症状がでてきました。                     

そこで、1年後の健康診断を目指してデドックスを始めました。

美しい体と肌を目指して体質改善をしようと決心しました!! 

     

 誰でも直ぐにできるデドックス方法

①腹八分と和食中心で腹七分を心がけ、外食を控える。

➁ウォーキング・自宅での運動・ストレッチなど

③脂肪燃焼の働きかけるサプリメントを飲む。

 

春先から初めて、9月の時点で8kg減量に成功しました。

体のだるさが改善し、肌のツヤがでてきました(笑)

総コレステロール数値の変化は次回報告します♪

 

 

 

日常の小さな癒し

先日、テレビで「となりのトトロ」
の再放送をしていました。

ジブリシリーズは繰り返し何回見ても癒されます♪
孫二人が家の庭にどんぐりを植えたところ、
なんと芽が出てきました。「まるでとなりの
トトロみたい~」と、二人とも大喜びです!!
何気ないことですが、とても癒されました。

 

 

 

 

 

 

秋に摂りたい食材

秋になると空気が涼しくらるにつれて、乾燥もしてきます。

燥邪は体の表面に症状が出やすく、肌が乾燥したり、喉の粘膜が痛んだり,咳がでたりします。

秋の食材は「水・血」を補う働きを持ち、乾燥を防ぐ効果もあります。

また、冬を迎えるために滋養が高い食材が多いのも特徴です。

 

  ☆山芋 (帰経)脾と肺と腎

山芋は「脾・肺・腎」に働きかけ「氣・血・水」を補う作用があります。

非常に栄耀に富んだ食材で滋養強壮にはもちろん、比較的低カロリーなので

糖尿病などの生活習慣にも最適です。

「脾」の働きを強めて、急性の下痢や食欲不振に、「肺」の働きを強めて

慢性の咳やぜんそくに、「腎」の働きを強めて、頻尿、老化防止、疲労回復などの

強壮効果があります。

 

 ☆ゴボウ (帰経) 肝と肺

ゴボウは中国では古くから薬草としてもちいられてきましたが、日本に入って

からは食用として用いられています。

ゴボウは体の中の余分な夏を冷まし、熱から来る便秘に効果があります。

また、ゴボウやコーヒーに含まれるクロロゲン酸というポルフェノールの一種には

体の免疫細胞を強化し、血糖値を下げる、血圧をさげるなどの効果があるとの研究報告もあります。

 

薬膳茶のレシピ

夏におススメのブレンド

夏の暑さで、胃腸の働きが鈍り食欲不振や消化不良になりがちです。

体の熱を取る一方、胃腸の働きを強めるブレンド茶がおススメです。

アイスにしてもおいしのですが、体の冷えには気をつけてください。

 ☆ゴーヤ緑茶

材料(1人分)

緑茶・小さじ2杯

ゴーヤ・薄切りにしたもの1枚

熱湯・250ml

?素材に作用

ゴーヤ 熱を取り、喉の渇きを癒す。

 

☆ミントウーロン茶

材料(1人分)

ウーロン茶(白茶タイプ)・小さじ1.5杯

ミントの葉1枚

レモンピール少々

?素材に作用

ミント 体の熱を冷まし、「気」の巡りをよくする。

 

旬の食材は効能も高い No2 

夏の食材

夏はうだるような暑さによって発汗が盛んとなり、体内の余分な水分を必要以上に

排出してしまいます。

の食材は体を冷やし、水分を補ってのどの渇きを潤します。

また、夏に旬を迎える食材は、水を補うだけでなく、水分代謝を促進する働きもあるので、

むくみや排尿障害のある人に向いています。

☆主な食材

野菜:トウモロコシ・トマト・ナス・キュウリ・ゴーヤ・トウガン・カボチャ

果物:パイナップル・ブルーベリー・キウイ・モモ・スイカ

魚介:シジミ・イカ・アジ

 ☆ゴーヤ

 「帰軽=食材が体のどの部分に影響があるか」心・脾・肺

苦い食材には解毒作用があり、体の熱を排出し、暑気あたりを解消し、夏バテを

予防するには積極的に摂り入れましょう。目の充血や痛み、口内炎や吹き出物、

急性の下痢などにも効果があります。

 

 

旬の食材は効能も高い 

色々な野菜や果物、魚介類をその食材が最も美味しい時期、それが「旬」です。

 食材が美味しい時期は、それに含まれている栄養成分も高くなっていることが

多いので、おいしく食べられて、なおかつ体への効果も高まります。

 このように旬の時期を意識して食べることはとても重要です。

 

 ☆梅雨の時期の食材

 梅雨の時期は、ジメジメとした湿気が非常に不快な時期です。

湿邪は「気」の巡りを邪魔し、水分代謝の不調が起こりがちです。

 梅雨の時期に旬を迎える食材は「気」の巡りを良くし、体内の余分な

水分を排せつする働きを持っています。

 

  ☆主な食材

野菜:アスパラガス・エンドウ豆・ソラマメ・タマネギ・ラッキョウ・シソ

果物:梅・サクランボ・アンズ・ビワ・バナナ

魚介:ウナギ

   

*アスパラガス

アスパラガスは脾胃の働きを強め、食欲不振や胃もたれの改善に効果があります。

 また、「水」を補う作用があるので、口の渇きや皮膚の乾燥によるトラブル、

水虚による便秘などを解消してます。

利尿作用がありますので、排尿障害や膀胱炎がある方におススメです。

*ラッキョウ

梅雨の時期が旬の食材で、湿気が高いこの時期には体重が重く体調を崩しがちです。

ラッキョウは気の巡りをよくして、冷えを取り除く作用があります。

時に、胸の痛みや胸のつかえによいとされています。

また、冷えとストレスからくる腹痛、下痢、吐き気などにも有効です。

急性の下痢にも効果があります。

 

 

 

薬膳コーディネーター 

漢方コーディネーターに続き、薬膳のコーディネーターの資格も合格しました。

薬局ではなかなか話す機会がないので、ウエノ薬局のホームページなどで発信していきたいと思います。

薬膳の食養生とは、何をどのように食べれば体調を崩さずに健康維持につながるか、

体調を崩したときに、それらを改善・解消する手助けをするための食養生などです。

季節に応じての食のアドバイスができればと思っています。

ご来店お待ちしております。

 

長谷川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!