日常の小さな癒し

先日、テレビで「となりのトトロ」
の再放送をしていました。ジブリ
シリーズは繰り返し何回見ても癒されます♪
孫二人が家の庭にどんぐりを植えたところ、
なんと芽が出てきました。「まるでとなりの
トトロみたい~」と、二人とも大喜びです!!
何気ないことですが、とても癒されました。

 

 

 

 

 

 

秋に摂りたい食材

秋になると空気が涼しくらるにつれて、乾燥もしてきます。

燥邪は体の表面に症状が出やすく、肌が乾燥したり、喉の粘膜が痛んだり,咳がでたりします。

秋の食材は「水・血」を補う働きを持ち、乾燥を防ぐ効果もあります。

また、冬を迎えるために滋養が高い食材が多いのも特徴です。

 

  ☆山芋 (帰経)脾と肺と腎

山芋は「脾・肺・腎」に働きかけ「氣・血・水」を補う作用があります。

非常に栄耀に富んだ食材で滋養強壮にはもちろん、比較的低カロリーなので

糖尿病などの生活習慣にも最適です。

「脾」の働きを強めて、急性の下痢や食欲不振に、「肺」の働きを強めて

慢性の咳やぜんそくに、「腎」の働きを強めて、頻尿、老化防止、疲労回復などの

強壮効果があります。

 

 ☆ゴボウ (帰経) 肝と肺

ゴボウは中国では古くから薬草としてもちいられてきましたが、日本に入って

からは食用として用いられています。

ゴボウは体の中の余分な夏を冷まし、熱から来る便秘に効果があります。

また、ゴボウやコーヒーに含まれるクロロゲン酸というポルフェノールの一種には

体の免疫細胞を強化し、血糖値を下げる、血圧をさげるなどの効果があるとの研究報告もあります。

 

薬膳茶のレシピ

夏におススメのブレンド

夏の暑さで、胃腸の働きが鈍り食欲不振や消化不良になりがちです。

体の熱を取る一方、胃腸の働きを強めるブレンド茶がおススメです。

アイスにしてもおいしのですが、体の冷えには気をつけてください。

 ☆ゴーヤ緑茶

材料(1人分)

緑茶・小さじ2杯

ゴーヤ・薄切りにしたもの1枚

熱湯・250ml

🌸素材に作用

ゴーヤ 熱を取り、喉の渇きを癒す。

 

☆ミントウーロン茶

材料(1人分)

ウーロン茶(白茶タイプ)・小さじ1.5杯

ミントの葉1枚

レモンピール少々

🌸素材に作用

ミント 体の熱を冷まし、「気」の巡りをよくする。

 

旬の食材は効能も高い No2 

夏の食材

夏はうだるような暑さによって発汗が盛んとなり、体内の余分な水分を必要以上に

排出してしまいます。

の食材は体を冷やし、水分を補ってのどの渇きを潤します。

また、夏に旬を迎える食材は、水を補うだけでなく、水分代謝を促進する働きもあるので、

むくみや排尿障害のある人に向いています。

☆主な食材

野菜:トウモロコシ・トマト・ナス・キュウリ・ゴーヤ・トウガン・カボチャ

果物:パイナップル・ブルーベリー・キウイ・モモ・スイカ

魚介:シジミ・イカ・アジ

 ☆ゴーヤ

 「帰軽=食材が体のどの部分に影響があるか」心・脾・肺

苦い食材には解毒作用があり、体の熱を排出し、暑気あたりを解消し、夏バテを

予防するには積極的に摂り入れましょう。目の充血や痛み、口内炎や吹き出物、

急性の下痢などにも効果があります。

 

 

旬の食材は効能も高い 

色々な野菜や果物、魚介類をその食材が最も美味しい時期、それが「旬」です。

 食材が美味しい時期は、それに含まれている栄養成分も高くなっていることが

多いので、おいしく食べられて、なおかつ体への効果も高まります。

 このように旬の時期を意識して食べることはとても重要です。

 

 ☆梅雨の時期の食材

 梅雨の時期は、ジメジメとした湿気が非常に不快な時期です。

湿邪は「気」の巡りを邪魔し、水分代謝の不調が起こりがちです。

 梅雨の時期に旬を迎える食材は「気」の巡りを良くし、体内の余分な

水分を排せつする働きを持っています。

 

  ☆主な食材

野菜:アスパラガス・エンドウ豆・ソラマメ・タマネギ・ラッキョウ・シソ

果物:梅・サクランボ・アンズ・ビワ・バナナ

魚介:ウナギ

   

*アスパラガス

アスパラガスは脾胃の働きを強め、食欲不振や胃もたれの改善に効果があります。

 また、「水」を補う作用があるので、口の渇きや皮膚の乾燥によるトラブル、

水虚による便秘などを解消してます。

利尿作用がありますので、排尿障害や膀胱炎がある方におススメです。

*ラッキョウ

梅雨の時期が旬の食材で、湿気が高いこの時期には体重が重く体調を崩しがちです。

ラッキョウは気の巡りをよくして、冷えを取り除く作用があります。

時に、胸の痛みや胸のつかえによいとされています。

また、冷えとストレスからくる腹痛、下痢、吐き気などにも有効です。

急性の下痢にも効果があります。

 

 

 

薬膳コーディネーター 

漢方コーディネーターに続き、薬膳のコーディネーターの資格も合格しました。

薬局ではなかなか話す機会がないので、ウエノ薬局のホームページなどで発信していきたいと思います。

薬膳の食養生とは、何をどのように食べれば体調を崩さずに健康維持につながるか、

体調を崩したときに、それらを改善・解消する手助けをするための食養生などです。

季節に応じての食のアドバイスができればと思っています。

ご来店お待ちしております。

 

長谷川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマト

リコピンの抗酸化作用が注目されていますが、薬膳的にも見逃せない食材です。

「涼」という性質が示すように、体内にこもった厚さを冷ます作用があります。

水分代謝を良くする働きにもすぐれていますので、むくみや夏バテの全身倦怠にもよいされています。

トマトの働き

味  甘:脾を養う、滋養強壮など。

   酸:肝を養う、筋肉などを引き締めるなど。

性質 涼:体を穏やかに冷ます。

こらからの時期にトマトがおすすめです。

鍼灸師・国際中医薬膳師 宮地つかさ

 

ゴボウスープ

腸内善玉菌を増やして免疫アップ!

今、一にも二にも気になるのがカラダの「免疫力」。今こそ腸能力をつけ、免疫力を高めましょう!

ゴボウには多くの食物繊維が含まれているので、善玉菌を増やし、免疫機能を向上させるのです。

また、ゴボウの整腸効果により、有害物質や悪玉コレステロールの排泄に期待がもてます。

【道具・材料」】

鍋・おろし金・ゴボウ(太いもの)1本・昆布・吉野葛

①ゴボウはたわしで丁寧に洗い、皮ごとおろし金ですりおろしてます。

➁鍋の昆布で出汁をとり、①のゴボウを入れます。(出汁の量はゴボウがかぶるぐらい)

③15分から「20分煮た後、梅干しを加え、更に5分煮ます。」

④水溶き吉野葛でとろみをつけ、梅干しをくずしながらいただきます。

                    市川加代子先生より

 

 

 

気持ちと気血

誰も「どうしよう」と思うと呼吸が浅くなるものです。

すると十分に酸素が取り込めなくなるので、息苦しくなります。

気持ちが苦しくなると、気血を巡らす「気」が不足するので

気血が滞り、体全体が次第に苦しくなるようにできています。

気分転換の「気」は気持ちの気でありますが、気血の気でもあるのです。

不安、イライラ、うつ、気持ちの動揺など、さまざまな「不安定」引き起こします。

※麝香(ジャコウ)は身体中の気血の総点検をし、気血の整備をする事にすぐれています。

「どうしよう」と思ったら、とりあえず麝香です。

鍼灸師、交際中医薬膳師 宮地つかさより

※麝香じゃこう)は雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料、生薬の一種です。 ムスク(英: musk)とも呼ばれものです。

当店では、救心感応丸 氣などを置いております。

https://www.kyushin.co.jp/research/research03.html

何かあった時のため、お守り代わりにバックへ入れておく方もいます☆一度お尋ねください。

安心して、楽しい毎日を過ごしていけるお手伝いをさせていただけたらと思っております。

詳しくは、店頭でお尋ねください。

 

 

春は肝の季節

東洋医学では春は肝の季節と呼ばれています。

西洋医学でいう肝臓の働きと全く同じというわけではなく、肝臓の本来の働きである血液の貯蔵、

分配、解毒などのほかに、目の筋肉、情緒のコントロール機能など広範囲にわたっています。

徐々に気温が上がり暖かくなることによって『肝』の気はのぼり、目の充血や頭痛、

イライラ、不眠症、情緒不安定、血圧が上がるなどの症状が出やすいのが、この季節です。

ウエノ薬局では体質に合わせて解毒に働きかけるサプリメントをお勧めしていま是非ご相談ください!

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!