腸と健康 No2

腸内環境をうんちでチェック

健康な腸とは、一体どんな腸を指すのでしょうか?

腸内環境そのものを目で見ることはできませんが、腸の状態はうんちをチェックすれば簡単に分かります。

理想的なうんちは、下痢でも便秘でもなく、1 日 1 回、80% 程度の水分を含み、臭いのきつくないバナナ状の黄褐色のものです。

何日もうんちが出なかったり、反対に水っぽくて慌ててトイレに駆け込まなくてはならないときは、腸内環境が悪化している証拠です。

また、色が黒っぽい場合や、水気があまりなくてウサギの糞のようにコロコロしている場合も、腸内環境があまり良くありません。

腸内環境が悪いと、腸の中にはうんちとして出せなかった老廃物がたまり、次第に「腐敗」していきます。

食べカスから発生した腐敗物質は腸壁から吸収され、様々な病気の成因になっていくのです。

代謝が悪くなったり、肌荒れや肥満を引き起こしたり、体調を悪くしたりするのは、腸内環境の悪化が大きく影響している可能性があります。

健康や美容のためにも、まず腸内環境を整えることがスタートです。

                                                大和酵素 Hpより

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!