腸もれは万病のもと

あいた穴から出た毒が体内の隅々まで送られる

いつもなんとなく体調が悪い、イライラしたり落ち込んだりする、そんな人は「腸もれ」が起きているかもしれません。

「腸もれ」とは小腸内の消化物を吸収する穴が広がり、そこから毒素や細菌、未消化物の食べ物などが血液中に漏れてしまう現象のことです。これでは腸は満足に働くことができず、体を健康に保てません。

本来腸は、体に必要なものだけを吸収し、不必要なものが入らないよう防いでいる器官です。そこに穴が広がったらどうでしょう。漏れ出た毒素や細菌などは血液の流れに乗って体中に運ばれています。

この「腸もれ」現象は実は珍しいことではなく、世界中の人々に起こっています。欧米では【リーガット・シンドローム】 Leaky=もれる + Gut=腸 と呼ばれていて、アメリカでは「心身に様々な不調を引き起こすトラブル」として注目されています。中でも代表的なものが、食物アレルギーです。日本がまだ貧しかった頃は食物アレルギーは滅多とありませんでした。

ところが、高度成長期以降、私達は腸にやさしくないことばかりしてきました。食物繊維の少ない食事、遺伝子組み換え食品や保存料を使った食品の摂取、ストレスの多い多忙な毎日…これらは腸が嫌がることばかりで腸の粘膜を疲弊させてしまいます。

食物アレルギーを発症する要因はいくつかありますが、中でも問題なのは乳幼児の間違った子育ての仕方にあるのかもしれません。生後10ヶ月までの期間は、赤ちゃんの腸内フローラが形成される重要な時期です。私たちの腸には3万種以上、100兆個以上の最近が生息しています。これらは種類ごとに固まって生息しているため、植物が群生しているように見えることから腸内フローラ、腸内細菌叢(そう)と呼ばれています。食べ物の消化・吸収をはじめ免疫力を維持するなど生命活動の菌を維持するためのエネルギーが作り出されています。この重要な時期に、赤ちゃんがどれだけ多くの菌と接触したかがその子がアレルギーになるかどうかを決定しているといっても過言ではないのです。

お母さんのおなかにいる間、赤ちゃんは完全に無菌状態で育ちます。この世に生れ出た瞬間から、様々な種類の大量の菌に接触していくのです。私たちの周囲には、いい菌も少し悪い菌もいます。

このどちらも、出来るだけ多様な種類の菌を取り込む方が丈夫で免疫力の高い腸内フローラの形成につながります。赤ちゃんがなんでもむやみになめたり口に入れたりするのは、免疫が未発達の赤ちゃんが雑菌だらけの世界で生き延びていくために周囲の菌を腸内に取り込んでいるのです。生後10ヶ月頃、腸内細菌勢力分布がほぼ決定し、この時に決まった形成バランスを一生持ち続けます。ところが、最近の過度な清潔志向は、赤ちゃんを菌から遠ざけてしまいます。これでは十分な免疫を獲得できず、抵抗力が弱い子になってしまうのです。

 

花粉症のモーニングアタック

モーニングアタックとは

花粉症などのアレルギー性鼻炎の人が朝の起きがけに、鼻水や発作的なくしゃみなどの鼻炎症状が表れることを指します。調査でも花粉症の人の多くが「朝」の時間にひどい症状に悩まされていることが分かりました。

「モーニングアタック」が起きやすい理由として、

  1. 夜間、床の上に落ちた花粉やハウスダストなどのアレルゲンを吸い込むため

  2. 起床時やふとんをたたむ際に、アレルゲンが空中に舞い上がるため

  3. 起床時に自律神経が副交感神経優位から交感神経優位の状態に切り替わる事によって、一時的にバランスが乱れて鼻が刺激過敏になるため

  4. 朝の鼻水の中に、(炎症の誘導について中心的な役割を担う)好塩基球が増加するため

などの説が挙げられています。
しかし、モーニングアタックは花粉の侵入の少ない室内においても、花粉症の症状が朝に見られることから、前述の理由①②よりも③のような自律神経のバランスの乱れが主な原因と考えられています。

 

自律神経について

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、活動的な昼間は交感神経が優位に働き、休息時や夜間の睡眠時は副交感神経が優位になります。

朝は自律神経が夜間の副交感神経から日中の交感神経に切り替わる(血管が収縮する)ため、両者のバランスが一時的に乱れてモーニングアタックの症状が出やすくなると考えられています。

                                                                           アレジオンHPより引用

 

市販薬でも花粉症の薬が購入できる機会が増えて、花粉症の方は助かっている人も多いのではないでしょうか。

私も長きにわたっての花粉症なので、こういった薬が手放せないのが現状ですが、少しでも対策方法を知ったり、腸内免疫を高めたりして花粉症を少しでも緩和していきたいですね。

 
 

“出せる”カラダの一歩は“温める”こと

不要なものを「出せる」カラダに戻すまでには、まず「カラダを温める」ことが大切です。

人間の平熱は36.5℃くらいが適温とされますが、さまざまな酵素やホルモンの分泌など代謝能力が正常に働く体温だからです。

しかし36.5℃の体温があっても、手足やお腹が冷えていることも少なくないのです。この「無自覚な冷え」が病気を生み出しているといっても過言ではありません。

試しにぜひ足指やお腹に体温計を挟んでみてください。「32~33℃しかない」人もざらです。

一番の早道は半身浴。注意してほしいのは、温めて出しっぱなしにするのではなく、出し切ったらいったん閉じること。この「守る」プロセスが重要です。

半身浴の場合、しっかり温まったあとに水シャワーで冷やして「守る」ことで血液循環が促進されます。

半身浴の行い方

①風呂を38~41度に沸かす。水位はみぞおちからへそくらいになるように。

②途中で飲むための常温の水や温かいお茶を準備して湯船に浸かる。入浴中の水分補給はマメに少量ずつ。腕は湯から出しておく。

③カラダが熱くなってきたらいったん上がり、下半身にシャワーを浴びて、ふたたび湯に浸かる。これを疲れない範囲で何度か繰り返す。

④最後に水シャワーを浴びるか冷たいタオルで全身を拭く。

 

 

冬の季節の睡眠

 冬は“腎”の季節であり、来るべき春の活動期に向けて栄養のあるものを食べて“精”を補うべき季節とされています。

現代社会においてはあまり意識されることが少ないですが、人間は恒温動物であり、寒いと言うだけでも体温を維持するためにエネルギーが多く必要となるわけですが、生命の熱エネルギーの大元である腎陽(命門之火)は“精”をもとに発現するとされ、寒い季節はじっとしていても暖かい季節に比べて“精”を消耗することになります。

 また、1日の中で子(ね)の刻(23時~1時)は、自然界の陰気が最も盛んになる時間帯であり、陰気には静かで落ち着いた状態が必要とされ、この時間帯までに眠りについていることが陰気を養うために重要とされています。よって夜更かしは陰を損なう(注:“精”は陰陽でいえば陰)とされ、夜更かしが続くと若い人でも“精”を消耗し、“精を蔵す”五臓の“腎”に影響し、腰のだるさや頭がぼんやりするなどの腎虚症状があらわれやすくなります。

更に、夜更かしする原因として受験勉強やゲームに熱中するなど、“精”から生じる“髄”の集まったものとされる脳を使うことは、それだけでも“髄”の消耗につながります。

夜にできた傷の治りが遅くなると言うのも漢方的に考えると、陰の時間帯である夜に陰陽でいえば陰に属する肉体に傷つくことでダメージが大きくなると考えられます。

 一般的に“精”を消耗する原因としては過労や加齢、房事過多などが知られていますが、夜遅くまで勉強するにせよ、ゲームをするにせよ、頭脳を駆使したうえに、子の刻にぐっすり眠らないことは“精”の消耗を加速させます。また、西洋医学的にも睡眠の質がいいほど脳内のアミロイドβタンパク質の蓄積が少ないこともわかっていますが、いずれにせよ、“精”の消耗は老化を促進して寿命を縮めます。

 もちろん、冬に限らず睡眠不足や、昼夜逆転の生活は健康に悪影響を及ぼすことは明らかですが、冬の季節は特に“精”を養う必要があることから、不規則な生活から受けるダメージは大きくなります。

睡眠に関して特にケアを行っていくべきでしょう。

 

 

はあと通信より

 

パンケーキ☆

 

久し振りに美味しいパンケーキに出会ったので、コラムに残しておきます。(笑)

シロップのかけ方が少し雑だったので…またリベンジしたいです(‘;’)

 

 

 

おすすめの本

 

「はたらく細胞」

体内の仕組みをいかに簡単に勉強することが出来ないかな…という時に出会った本です。

中身は漫画なので、とても読みやすいです。細胞が擬人化されていて、どのような働きをしているか、病気になったときはこのようにして起こっているのか等、詳しく且つ読みやすく書かれているので参考書を読んでいる気分になります☺(笑)

この漫画を読むととにかく、常に自分の身体は生命活動を維持するために働いているのだと認識できます。

こんなに頑張っている細胞達がいるのだから主人が頑張らないといけないわけがない!と、前向きな気持ちにすらさせてくれる本です♪

 

 

 

桜精はこのような方におすすめ!

月末まで行っております桜精のキャンペーンですが、

今一度どのような方におすすめなのかお伝えしようと思います☆

※桜精の成分は馬の心臓です

《疲れが溜まりやすい・とれない方に》

食事の乱れや不規則な生活・日々のストレスは、細胞個々のミトコンドリアの機能を低下させてしまいます。

馬心臓を摂取する事により、ミトコンドリアを正常に機能させ、自分の体のもつ「自己免疫」「自己回復」を最大限に高めてくれます。

疲れの溜まりやすい・とれない方の栄養不足・エネルギー不足の解消に毎日の食事と併せてお召し上がりください。

 

《ふらつき・くらくらする方に》

ふらつく症状の原因は様々ありますが、貧血が原因のことが多いです。その中でも最も多いのが鉄欠乏性貧血です。

診断で引っかかったことがない人も、フェリチン値が低い“隠れ貧血”の場合があるのでご注意ください。

桜精には吸収されやすく、体内で利用しやすいヘム鉄や、造血作用のある栄養素やたんぱく質が多く含まれています。

そのため、ミトコンドリアを正常に機能させることにより赤血球を生産する為のエネルギーを補うと同時に、赤血球を生産する際に必要な材料を補うことができます。

また、心臓のポンプ機能が弱っている場合のふらつきにも効果的です。

 

《心臓が気になる方に》

心臓は全身に血液を送り続ける為に絶えずエネルギーを供給する必要があります。

その為、心臓には数多くのミトコンドリアがいます。馬心臓をとることで、ミトコンドリアの機能を向上させ心臓の働きを良くすることや、“以蔵補臓”で心臓に必要な栄養素を補充することによって休むことなく働き続ける心臓を元気にします。

 

《低体温の方に》

体温の大半は筋肉の振動運動により発生し、エネルギーを作る際の代謝の過程でも発生します。

筋肉を動かすには、当然エネルギーが必要です。ミトコンドリアの機能を向上させ、効率よくエネルギーを産生させます。

また、適度な運動により、筋肉量も増やせば、より効果的です。

 

《子宝を恵まれる方に》

特に重大な疾患もないのに赤ちゃんを授からない…そんな方は、エネルギー不足かもしれません。

腹腔内に排出された卵子は、卵管内の絨毛のぜん動運動により子宮内へと運ぶのにエネルギーを必要とします。

また、男性の精子が前に進む為に運動を繰り返す鞭毛も、もちろんエネルギーを必要とします。

ミトコンドリアを正常に動かせることにより、必要なエネルギーを十分に産生できます。

 

《産前産後の女性の方に》

元気な赤ちゃんのために、また肉体的に負担がかかる妊婦さんの為に、栄養バランス・エネルギー生産は大変重要です。

馬心臓には鉄分吸収がいいヘム鉄、つわり防止のためのメチオニンというアミノ酸なども含まれており、赤ちゃん・お母さんを協力にサポートします。

また産後の女性ホルモンが低下した後の回復のサポートにも優れています。

 

《手足のむくみ》

ミトコンドリアの機能低下より、細胞の中からの水分排出するエネルギーが不足したり、血管の内圧のコントロールが正しく出来ずに、細胞間質液が停滞してむくみが発生します。

馬心臓でミトコンドリアを正常に機能させ、「押し出す力「流す力」を作ります。

 

《運動される方に》

ミトコンドリア機能を向上させることにより、運動する際に必要なエネルギーを効率よく作りだし、より疲れにくい体質へサポートしてくれます。

スポーツをした日にはもちろん、次の日がつらい、朝が起きられないということも少なくなります。パフォーマンスの向上にお役立てください。

 

《お子様からお年寄りまでの健康維持に》

栄養バランスの乱れはミトコンドリアの機能を低下させ、エネルギー不足に繋がります。

成長期のお子様や、食事の量が取れないお年寄りの方には、栄養バランスが特に重要です。頭では理解していても、なかなか実行に移すことが出来ないのも事実です。

毎日の食事に馬心臓をプラスすることで栄養素をバランスよく摂取できます。

 

 

当てはまる方も多いのではないのでしょうか?(*^_^*)

いつでもお気軽にご相談くださいね!

 

 

 

 

珊瑚くん☆

 

11月3日から5日にアベマTVで放送された元SMAPの72時間テレビで

当店でも人気の珊瑚くんが紹介されました☆

お酒や食べ物によって体内バランスが酸性に傾いてしまうときに、珊瑚くんをお酒やお水に入れてお召し上がりいただくことで、

珊瑚に含まれるミネラル成分が溶け出し、必須ミネラル豊富な健康酒、健康水に変身します(^^)

 

 

 

 

 

減り続ける日本人の便の量

【全ての病気は腸で始まる】この言葉は、古代ギリシャにおいて「医学の父」と呼ばれたヒポクラテスが残した名言です。

2400年も前から、腸の重要さを説いていたわけですが、現代の私たち日本人の腸はどうでしょう。便利な世の中になったことの引き換えに、生活習慣が乱れ、食習慣が変化し、今や2人に1人がガンにかかるという、世界有数のガン大国になってしまいました。

「食事が変われば腸が変わる。腸が変われば体が変わる」のです。様々な病気の元になっているのは「腸が嫌がる食事」に替えれば、カラダの調子はきっと上向きます。

幸せ物質と言われているドーパミンとセロトニン。これらの元になる必須アミノ酸は、人間の体内で作りだすことができない為、食物から摂らなければなりません。

また、腸内細菌が少ないとドーパミンとセロトニンは増えません。必須アミノ酸は体内に取り込まれると、ドーパミンとセロトニンの前駆体という物質にいったん形を変え、脳内に送られてから幸せ物質となります。

その前駆体を腸内で合成しているのが腸内細菌なのです。さらに、合成した幸せ物質を脳に送り込んでいるのも腸内細菌です。

こうして脳内ドーパミンとセロトニンが分泌できます。ところが今、日本人の腸内細菌が減り続けているのです。

実は腸内細菌の数は便の量と深く関係しています。便の約半数は死んだ腸内細菌と生きている腸内細菌とによって占められているため、便の量を調べれば腸内細菌の数が解ります。

日本人の欧米化した結果、食物繊維の摂取量が極端に減り、それに伴って便の量も減り続けているのです。

1日あたり27g摂っていた1950年代に比べ、現在はたった12gです。便の量がこの50年で約半分ほどになってしまったのは、肉類の摂取の増加、特にハンバーガーなどのジャンクフードが日常生活に入ってきたことが大きな要因です。

野菜の摂取量は極端に減ってしまってます。このような食生活では食物繊維を十分に摂ることは期待できません。なぜ食物繊維が大事かというと、食物繊維は腸内細菌が好んで食べるエサなのです。

 

エサをたくさん摂れば腸内細菌が増えていきます。食物繊維は野菜をはじめ、いも類、海藻類、豆類などに豊富です。

「腸のお掃除やさん」と言われるように、腸内環境を整えて便秘の予防になり、いい便を作るには大事な要素です。

 

 

運動不足 なぜ悪いのか?

「健康」を語るときのキーワードは、良質な食事と睡眠、そして適度な運動です。

しかし、結論を言うと食事と睡眠についてはカットできませんが、こと運動となると“時間がない、そのうち…”などつい後回しにしていませんか?

「運動不足」が悪い理由には、①筋肉が衰える ②太る ③骨がもろくなる ④ストレスを感じやすく免疫機能が低下する等があげられます。①~③は安易に納得できますが、なぜ④なのでしょう?ストレスを感じたカラダは、心拍数と血糖値が上がり、コルチゾールというストレスホルモン(神経伝達物質)が出て、アドレナリンも生産される仕組みになっています。

このときカラダが最優先するのは、ストレスという外敵から戦うこと。ストレスホルモンは体内に残ってしまい、コルチゾールのレベルや、血圧や心拍数は微妙に上昇。

つまり免疫などは後回しの状態になってしまうということです。

ストレスを感じたときこそ運動を(^○^)

エンドルフィンという快感を感じるホルモンが出て、コルチゾールの生産を抑えてくれます。

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!