便秘防止に「酸」が役立っている

大腸内にはたくさんの腸内細菌がいます。

大腸の細菌群はどんな役割を果たしているのでしょうか?

小腸内の細菌群は免疫機能を高めると同時に、いろいろな種類の食物に過剰に反応しないようにアレルギー反応を抑える仕組み(腸管寛容)を持っています。それに対して大腸内の細菌群は、当然ながら体の免疫機能に影響を及ぼすとともに、水分の吸収を制御して主に便を押し出す役割をしています。

便を押し出すぜん動運動が起こると、リンパ液の溜まった乳び槽を押してリンパを流すことにもなります。

大腸のぜん動運動を促進する物質の一つが「酸」です。

「酪酸」「乳酸」「酢酸」などの酸が大腸を刺激し収縮運動を起こします。

大腸の動きを良くするために大腸内では食べ残しの食物と腸内細菌の働きでいろいろな酸が作られます。

実験的にわかっているのは、発芽する前の大麦を含む食べ物は、大腸の中で腸内細菌群と反応して「酪酸」を作ります。

この「酸」が刺激となって、大腸のぜん動運動が促進されます。

また、大腸内は酸素の少ない低酸素領域です。

ですから大腸内には酸素の少ない環境で生きられる細菌(これを嫌気性菌といいます)がたくさん住んでいます。

酸素が少ない環境で生きている細菌は糖を分解して「乳酸」を作ります。

私たちがマラソンなどの長時間の運動をしたときに酸素を十分に吸えなくなると、体の中に「乳酸」が溜まりますそれと同じように酸素が「少ない環境で」、大腸内の腸内細菌はエネルギーを生み出す時に、乳酸を作るのです。

その他、腸内細菌の働きで、酸っぱい「酢酸」も作られます。

これらの「酸」は全てぜん動運動を促進する働きをします。

大腸内の細菌群は、腸内に酸を作り出し、大腸を動かして便を押し出す役割

をします。

便通の為にも大腸内の腸内細菌は役に立っています。

「腸のリンパを流せば病気が逃げ出す」大橋俊夫より

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ