旬の食材は効能も高い No2 

夏の食材

夏はうだるような暑さによって発汗が盛んとなり、体内の余分な水分を必要以上に

排出してしまいます。

の食材は体を冷やし、水分を補ってのどの渇きを潤します。

また、夏に旬を迎える食材は、水を補うだけでなく、水分代謝を促進する働きもあるので、

むくみや排尿障害のある人に向いています。

☆主な食材

野菜:トウモロコシ・トマト・ナス・キュウリ・ゴーヤ・トウガン・カボチャ

果物:パイナップル・ブルーベリー・キウイ・モモ・スイカ

魚介:シジミ・イカ・アジ

 ☆ゴーヤ

 「帰軽=食材が体のどの部分に影響があるか」心・脾・肺

苦い食材には解毒作用があり、体の熱を排出し、暑気あたりを解消し、夏バテを

予防するには積極的に摂り入れましょう。目の充血や痛み、口内炎や吹き出物、

急性の下痢などにも効果があります。

 

The following two tabs change content below.
長谷川真理

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。
長谷川真理

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ