旬の食材は効能も高い 

色々な野菜や果物、魚介類をその食材が最も美味しい時期、それが「旬」です。

 食材が美味しい時期は、それに含まれている栄養成分も高くなっていることが

多いので、おいしく食べられて、なおかつ体への効果も高まります。

 このように旬の時期を意識して食べることはとても重要です。

 

 ☆梅雨の時期の食材

 梅雨の時期は、ジメジメとした湿気が非常に不快な時期です。

湿邪は「気」の巡りを邪魔し、水分代謝の不調が起こりがちです。

 梅雨の時期に旬を迎える食材は「気」の巡りを良くし、体内の余分な

水分を排せつする働きを持っています。

 

  ☆主な食材

野菜:アスパラガス・エンドウ豆・ソラマメ・タマネギ・ラッキョウ・シソ

果物:梅・サクランボ・アンズ・ビワ・バナナ

魚介:ウナギ

   

*アスパラガス

アスパラガスは脾胃の働きを強め、食欲不振や胃もたれの改善に効果があります。

 また、「水」を補う作用があるので、口の渇きや皮膚の乾燥によるトラブル、

水虚による便秘などを解消してます。

利尿作用がありますので、排尿障害や膀胱炎がある方におススメです。

*ラッキョウ

梅雨の時期が旬の食材で、湿気が高いこの時期には体重が重く体調を崩しがちです。

ラッキョウは気の巡りをよくして、冷えを取り除く作用があります。

時に、胸の痛みや胸のつかえによいとされています。

また、冷えとストレスからくる腹痛、下痢、吐き気などにも有効です。

急性の下痢にも効果があります。

 

 

The following two tabs change content below.
長谷川真理

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。
長谷川真理

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ