『2030年 すべてが、『加速』する世界に備えよ』Vol.3   

著書『2030年 すべてが、『加速』する世界に備えよ』   

著:ピーター・ディヤマンデス・スティーブン・コトラー

第10章 寿命延長の未来 「老化」は克服できる   

科学者たちは現在、私たちが衰える「原因」は、主に9つあると考えている。

⑦老化

細胞はストレスにさらされると「老化」することがある。細胞分裂の能力をうしなうと同時に、死ななくなるのだ。この「ゾンビ細胞」は身体から排除されない。

蓄積され、炎症を起こす。

⑧幹細胞の枯渇

老化に伴い、幹細胞の供給が激変する。時には1万分の1に減少することもある。さらに悪いことに、残った細胞の働きも一気に悪くなる。この結果、体内組織や臓器の修復システムが機能しなくなる。

⑨細胞間コミュニケーションの劣化

血液、免疫系、内分泌系でメッセージを交換することで行われている。だがシグナルが伝わらなくなる。

反応しなくなる細胞もあれば、炎症を引き起こすゾンビ細胞になることもある。こうなると、免疫系は病原菌を発見できなくなる。

カギは「血液」

2000年初頭 ドラキュラ説。

マウスの実験;若齢マウスの循環系を老齢マウスと結合し、血液を送り込んだ。

結果;一目瞭然だった。若い血によって、老いたマウスは生気を取り戻した。効果は見た目だけでなく、組織や臓器は、はるかに若く健康なマウスと同じ特徴を示すようになった。

その後の研究の結果、逆の真なりであった。

この結果、ハーバード大学のチームは、若い血液が脳内で新たな神経細胞の形成を促し、老化に伴う心臓壁の肥厚を逆転させることを明らかにした。

ついに根本治療として、成長文化因子(GDH11)の分子が、少なくとも1部をもたらしていることを突き止めた。

2014年;成長文化因子(GDH11)をマウスに注射するだけで、強靭さ、記憶力、脳への血流改善することを示した。

その後、老化に伴う心臓病の抑制、筋肉の修復、運動能力の改善,脳機能の強化など、恩恵は広がった。

「黄金の山の中で針1本を探している」

血漿には1万種類以上のたんぱく質が含まれているからだ。

若返りをもたらすたんぱく質を探す試みに、製薬会社、スタートアップ企業も検討中です。

The following two tabs change content below.

上野 永津子

略歴 1951年 岡山県備前市伊部生まれ 1973年 第一薬科大学卒業 薬剤師免許取得 岡山労災病院薬剤部勤務 1975年 臨床検査技師免許取得 ウエノ薬局開局 2005年 上海気功研究所 医療気功終了証書取得 所属研究会 日本薬剤師連盟 会員 動物生薬研究会 会員 中国NMC 副会長 健康科学協会 会員 生体エネルギー研究会 会員 セロトニン研究会 会員 学校薬剤師

関連ページ