耳の大きなおじいさん

このお話は、とある薬局がご紹介されていたお話です。とても感銘を受けたのでこちらでもご紹介させて頂きます。

 

私が子どもの頃、近所に東(あずま)さんというお宅があり、そこにおじいさんがいました。

おじいさんはいつも籐椅子で揺られていました。耳が大きくいつもニコニコして、いつも半分寝てました。

もとは父と同じ病院の歯医者さんでしたが、数年前に定年退職しましたので65歳くらいです。今なら65歳は高齢ではありませんが「村の船頭さん」の歌詞にも「ことし60のおじいさん」とあるくらいですから、当時は65といえば、近所でもっとも高齢でした。

この「耳の大きなおじさん」は「悩み事、相談事をするととても楽に、解決が見つかる」ということで評判で、近所の人はもちろん、遠くからも人がやってきました。

私は小さな子どもだったので、実際に相談したわけではあしませんが、人の話によると相手が笑うと、おじいさんも微笑んでくれるのだそうです。

相手が泣くと、おじいさんも涙を流してくれるのだそうです。

相手が黙り込むと、おじいさんは優しい目で見つめて黙って待ってくれるそうです。

そして、相手が立ち上がると、抱きしめてくれるそうです。そのまま玄関まで送ってくれて、相手が見えなくなるまで手を振ってくれるのだそうです。

相談に来た者は、最後にはみんな涙を流して「ありがとう!ありがとう!」と感謝して帰っていくそうです。「耳の大きなおじいさん」はどんな悩み事も、受け止めてくれるのだそうです。

あとになって私は、父親にこのことを聞くと「あのおじいさんはね、耳は聞こえなかったんだよ」と衝撃的なことを話してくれました。

「えっ!どうして!どうして耳の聞こえない人が相談を解決できたの?」と聞くと父は「さあ、わからないけれど…きっと愛だったんだろうね」と言いました。

そして父はボケ(認知症)がかなり進んでいた、と付け加えました。

耳が聞こえないおじいさん、認知症のおじいさん、相手の話も聞こえない、相手の話も理解できないおじいさんが、多くの人の相談事や悩み事を解決したということ。

そのおじいさんを思い出すと、いつもニコニコしている笑顔が浮かんできます。相談者は、黙って聴いてくれること、うなずいてくれること、共に喜んでくれること共に悲しんでくれること、それを一番に求めているのです。

 

 

『地球村』出版「ありがとう」より

 

心の疲れからくる症状ありませんか?

 

ストレス我慢しすぎていませんか?ただでさえ不安定なこの時期に加え、現代の社会はストレスがいっぱい!

過度のストレスにより、普段からイライラしがち、不安感がある、布団に入っても色々考えてしまって眠れない…など

心の疲労症状は出ていませんか?他にも動悸や息切れ、頭重、手足のしびれなど様々な症状が起こることがあります。

これらの症状は体が出している危険のサイン!!我慢しすぎると重症化してしまうこともあります。

「やばいな」と感じたら無理はしないようにしましょう。

黄金の元気玉が心の疲労に効く!心の( 体にも) 疲労によく効く金の丸薬というちょっと変わった薬があります。

この金の丸薬は昔から伝わる伝説の薬。

中国は奏の始皇帝の時代、不老長寿の薬として重宝され、「水戸黄門」さんはあの紋所の印籠に金の丸薬を入れて旅をなされ、今では「EXILE」のメンバーも金の丸薬で心身の健康を保っているそうです。

体の気・血・水を整え、健康である本来の心と体の状態へ戻そうとする効果があります。効き目も早いので困った時のお守りと、心と体のお守りいざという時の元気玉があります。

詳しくは店頭にてお尋ねください。

 

 

 

なぜ医者が抗生剤を使いたがるか

とあるお医者様のコラムを抜粋します。

 

医者がなぜ抗生剤を使いたがるのかをとてもわかりやすく解説していますのでご紹介します。

細菌(通称バイ菌)とウイルスは全く違うものです。抗生剤は細菌を死滅させる薬であり、ウイルスには全く効きません。風邪の原因のほとんどはウイルスですので「風邪です。抗生剤を出しておきます」

というのは大きな矛盾です。医者であれば重々承知している事です。では何故効くはずのない抗生剤を出すのが常識になっているのでしょうか。

理由その1:「風邪で弱っている時は、普段なら感染しない最近に感染する可能性が高くなるから、二次感染予防のために抗生剤が必要だから」

研修医の時に教わった事です。確かにそういう場合もあるかもしれませんが、まれでしかありません。それに細菌感染であっても、自分の力でほぼ治ります。熱が長引くとか(喉などの)痛みが強いとか、なかなか自力で治りきらない場合に使用すれば遅くないと思います。

 

理由その2:「(脳に細菌が入り込んで命に関わる)細菌性髄膜炎の予防のため」

髄膜炎は熱が出た時点で脳に細菌が入り込んでいるため、内服の抗生剤ではどうしようもありません。風邪と髄膜炎との違いは、意識障害があるかどうかです。

初期の意識障害の判別は難しいところもありますが、それを感知するセンサーを磨くことが小児科医がまず獲得するべき能力です。

髄膜炎は予見できないため、早期発見するしかない病気です。そして髄膜炎となったら点滴の抗生剤を大量投与して徹底的に細菌を死滅させないと命に関わってきます。

抗生剤は使用すればする程、耐性菌という抗生剤が効かない細菌に進化してしまいます。髄膜炎の時に抗生剤を効かせるために、それ以外での抗生剤投与は控えた方がいいと考えます。

 

理由その3:「薬を投与しないと、医者をしての役割をはたしていないように、医者も患者さんも感じているから」

医者が診療でまずすべき事は、重症疾患かどうかを判定することです。全ての薬は体の負担になりますので、経過観察だけですむ状態であればその方がよいのです。

しかし、検査や投薬をしないと役割を果たしてないと医者は感じてしまうところがあります。又、患者さんの方も同様に、何もしてくれないと感じてしまいがちです。

そういう理由でやや過剰に投薬する傾向にあるのです。

理由その4:「他の医者から悪く思われないために、できるだけのことを最初からしておきたいと思っているから」

外来では経過を見ている間に悪化する事がありますが、悪化して他の医療機関にかかった場合、最初に診察した医者が悪く思われてしまいがちです。

後出しジャンケンと同じで、後で診る医者の方が絶対的に有利だからです。それを避けるためにも、最初からやや過剰に投薬してしまう傾向にあるのです。

 

理由その5:「今までのやり方を変える事が難しいため」

ほとんどの場合は抗生剤を投与してもしなくても、自分の力で治ってくれます。又、薬も分解したり排泄したりして、さしあたって大きな問題はなく過ぎていきます。今までうまくいっている(ように見える)方法を変えることはなかなかできないのです。

他にも理由があるかもしれませんが、様々な理由により風邪には効果がないはずの抗生剤が出されています。

 

僕はほとんど抗生剤を出さずに診療をしていますが。その理由は次のとおりです。

1)二次感染して困ったらその時に抗生剤を使用しても遅くないから

2)内服の抗生剤髄膜炎を予防できるとは考えていないから

3)医者は薬を処方するのが仕事ではないので、できるだけ薬の処方はしない方がよいと思ってるから

4)他の医者に悪く言われることがあってもしょうがないと諦めているから

5)そして腸内細菌だけでなく口や喉にいる大切な細菌を抗生剤が破壊し、かえって風邪やアレルギーなどの病気になりやすいのではないかと疑っているから、です。

これだけたくさんの抗生剤を処方するのは、日本がダントツ1位だそうです。日本の常識は世界の非常識、ということがあるのです。

 

やまびこ小児科クリニック院長 横地 真樹 先生

 

ゴールデンウイークの旅 その2

ゴールデンウィーク第二弾です。

自然のヤマフジや山を見ながら、九重に向かいました。HPで見つけた宿なのですが、本当にすばらしい環境、広大な敷地、おいしい料理と接客もステキで大のお気に入りになりました。

リゾネットクラブ九重 http://www.resonate.co.jp/

ひとつひとつのコテージになっていて、隣を気にせずゆっくりできます。朝は、ベランダから出て草原をお散歩しました。

 

温泉も素晴らしく、夕飯の会場が大きな山小屋みたいで日常を忘れさせてくれました。お食事は洋食を希望していたのですが、ちょうどいい量で、すべて美味しく、次の日も洋食にしてもらいいました。パンも焼き立てでおいしかったです。

  

 

周りには、お誕生日会をされていたり、それぞれが特別な時間を過ごしに来られた方たちが、大切な人たちとの時間を過ごされている様子で温かい雰囲気に包まれていました。

またこの宿に泊まりに行きたい。ぜひ九州旅行お考えの方は、訪ねてみてください。

 

 

腸内環境

腸内環境をよくして健康&長寿に日本人に多いがんと言えば、以前は胃がんでした。ところが2016年の統計では肺がん、大腸がん、胃がんの順に死亡数が多くなっています。

喫煙者やピロリ菌保菌者が減っていることから、今後は肺がんと胃がんは減ると考えられますが、大腸がんで亡くなる人は今後ますます増え、近い将来、日本人のがん死亡率の第1位になるでしょう。

私たちの体には外敵から身体を守るための免疫システムが備わっていますが、免疫細胞の60~80%が腸に集まっています。

このため、腸の状態が良いと病気になりにくいのです。

腸を整えてくれるのが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌です。

乳酸菌はがん細胞やウイルスを見つけ出して除去するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)という免疫細胞を活性化したりして、ガンを防いでくれます。

また、血圧の上昇を防いだり、血糖値の上昇を緩やかにするなど、生活習慣病の予防・改善にも効果を発揮しますし、アレルギーの軽減にも働くことがわかっています。

乳酸菌は身体だけでなく、心の状態にも影響します。

脳と腸はそれぞれ独立した神経系を持っており、お互い密接に関わっています。

「幸せホルモン」といわれるセロトニンの8~9割は腸で作られています。

セロトニンは腸のぜん動運動を活発にしますが、減ると便秘の原因に。この状態が続くと、腸でも脳でもセロトニン分泌が低下し、心と体の不調を招きやすくなるのです。

腸内フローラのバランスが崩れる主な要因は、なんといっても肉の摂り過ぎが一番でしょう。

肉は重要なタンパク源ですが、摂り過ぎると小腸で消化しきれずに大腸に届き、悪玉菌のエサになります。

日本人は欧米人より腸が長いので、悪玉菌のエサを排出するのに時間がかかり、その分悪玉菌が増えやすくなるのです。

暴飲暴食や極端なダイエットも、腸内フローラのバランスを崩します。

特に最近流行している糖質制限ダイエットは、便の材料となる穀物が不足しがちで、悪玉菌のエサとなるタンパク質や脂質が過剰になりやすいので、腸内フローラのバランスを崩す元凶になります。

また糖質を制限することにより善玉菌のエサも無くなり、善玉菌も減ってきます。

さらに細胞にも糖が必要な為、脂肪や筋肉に蓄えられた糖を不足分としてエネルギーに替えるので、結果体重は落ちますが、筋肉まで痩せてしまうのです。

風邪などで安易に抗生物質を使うことも問題です。

抗生物質は悪い菌だけでなく、善玉菌も減らしてしまうからです。

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やし、悪玉菌を増やさないことが大切です。善玉菌を増やすには①善玉菌を摂取②善玉菌のエサを摂取の2つの方法があります。

善玉菌のエサとなるのは、食物繊維やオリゴ糖です。

食物繊維は玄米などの穀物や野菜、海藻、キノコ、果物などに多く含まれています。

豆や豆製品、ごぼう、玉ねぎには食物繊維もオリゴ糖も豊富に含まれています。

食事以外で便秘を防ぐには、適度な運動も必要です。

散歩レベルのウォーキングなどで日頃使わなくなった筋肉を動かし、お腹も腹筋を鍛えて刺激することでぜん動運動を促してみましょう。

新宿大腸クリニック院長後藤利夫先生

腸内フローラを改善して健康&長寿に!

 

 

ゴールデンウイークの旅 その1

だんだん暑くなってきましたね。体調崩れていませんか?自分の体と心の声を聞きながら、自分を大切に生活していきたいですね。

そのためにはワクワクする楽しみも必要です。今年のゴールデンウイークに沖縄から長女が帰ってきてくれてこともあり、家族三人で北九州旅行に行ってきましたので紹介させていただきますね。

新幹線で小倉駅に着きレンタカーで久しぶりに湯布院に行ってきました。

標高が高いため温度差もあり、宿にはちゃんちゃんこも用意されていました。宿に行く間たくさんの絶景に出会い、すがすがしい気分でしたよ。ゆっくり温泉につかり就寝。

次の朝、湯布院の町へ。前回行った時と比べ大観光地になっていて、びっくりしました。金鱗湖まで歩き、金鱗湖の見えるカフェ「マルク・シャガールゆふいん金鱗湖美術館」にてお茶。

とっても雰囲気のいいカフェでした。金鱗湖の水もきれいでお花も咲いていて、気持ちのいい時間を過ごすことが出来ました。

そして次の目的地は、九重です。ここでも、壮大な自然につつまれた宿・初めての感覚の温泉・最高に良かった花公園など次回紹介させていただきますね。

また、今週からの新しい日々がすてきなものになりますように。

 

頻尿 なぜ悪いのか?

尿が出るのは体内で新陳代謝が行われている証拠。でも「頻尿」というのは良い事ではないらしい…では、頻尿というのは具体的にどういう状態をいうのでしょう?

平均的な1日の尿の回数は4~8回、夜中0~1回といわれています。疾患がなく、膀胱の機能に異常がない場合でも1日の尿の回数が9回以上になると頻尿と考えられます。

腎臓機能の低下が疑われ、さまざまな疾患に繋がる予兆であったり、日常生活にも影響が出てくる場合がありますので、対処が必要です。冷えがある人は暑い季節であっても飲料は常温で飲むように心がけ、コーヒーやお茶、ビールなど利尿作用のある飲料は控えめに。

血流が悪い人は、汗をあまりかかず、余分な水分は尿として排泄することになってしまうのです。また、頻尿から解放されるためにお水をあまり飲まないというのは逆に健康上よくありません。

頻尿対策には、膀胱や子宮、尿道を支えている骨盤底筋という筋肉を鍛える体操も効果的です。夏場でも冷房対策の服装を考えたり、毎日ゆったり入浴してカラダを芯から温め、汗を流す機会を意識して作ることで、頻尿を改善していきましょう。

 

便秘防止に「酸」が役立っている

大腸内にはたくさんの腸内細菌がいます。

大腸の細菌群はどんな役割を果たしているのでしょうか?

小腸内の細菌群は免疫機能を高めると同時に、いろいろな種類の食物に過剰に反応しないようにアレルギー反応を抑える仕組み(腸管寛容)を持っています。それに対して大腸内の細菌群は、当然ながら体の免疫機能に影響を及ぼすとともに、水分の吸収を制御して主に便を押し出す役割をしています。

便を押し出すぜん動運動が起こると、リンパ液の溜まった乳び槽を押してリンパを流すことにもなります。

大腸のぜん動運動を促進する物質の一つが「酸」です。

「酪酸」「乳酸」「酢酸」などの酸が大腸を刺激し収縮運動を起こします。

大腸の動きを良くするために大腸内では食べ残しの食物と腸内細菌の働きでいろいろな酸が作られます。

実験的にわかっているのは、発芽する前の大麦を含む食べ物は、大腸の中で腸内細菌群と反応して「酪酸」を作ります。

この「酸」が刺激となって、大腸のぜん動運動が促進されます。

また、大腸内は酸素の少ない低酸素領域です。

ですから大腸内には酸素の少ない環境で生きられる細菌(これを嫌気性菌といいます)がたくさん住んでいます。

酸素が少ない環境で生きている細菌は糖を分解して「乳酸」を作ります。

私たちがマラソンなどの長時間の運動をしたときに酸素を十分に吸えなくなると、体の中に「乳酸」が溜まりますそれと同じように酸素が「少ない環境で」、大腸内の腸内細菌はエネルギーを生み出す時に、乳酸を作るのです。

その他、腸内細菌の働きで、酸っぱい「酢酸」も作られます。

これらの「酸」は全てぜん動運動を促進する働きをします。

大腸内の細菌群は、腸内に酸を作り出し、大腸を動かして便を押し出す役割

をします。

便通の為にも大腸内の腸内細菌は役に立っています。

「腸のリンパを流せば病気が逃げ出す」大橋俊夫より

 

 

 

 

 

尾道“浄土寺”、腹帯祈祷に!

次女がめでたく懐妊しまして、5か月の安産祈願に尾道“浄土寺”に行きました。

  

浄土寺の祈願をうけて、安心したのでしょう。二人とも幸せ気分で、ショット写真。そして、両家の両親も嬉しい日を過ごしました。

 

桜の頃と重なって、桜が美しく心までゆたかになった1日でした。

 

 

紫外線

お店に「日焼け止め製品」がずらっと並び、紫外線対策や日焼け対策を呼びかけています。

この時期、夏以上に紫外線が最も強く紫外線が降り注いでいる時期なのです。

なぜ紫外線はお肌の大敵なのでしょうか?

日焼けや日焼けによるシミなど肌の表面トラブルに加え、内部までに影響し、シワやたるみにまで引き起こしてしまうのです。

それは紫外線が、老化の原因のひとつである、活性酸素のなかでも特に細胞を酸化させる力が強い「一重項酸素」を発生さているからです。

反面、紫外線は体にとってなくたはならない働きをしています。

適度な紫外線を浴びることにより、皮膚でビタミンDを合成し、カルシウムの吸収を促し、免疫力を高め、メンタル不調を改善することはよく知られています。

UVケアの化粧品をはじめとして、最近ではUV加工がされたさまざまな衣料品やグッズが販売されているので、いろいろ活用してみてはいかがでしょうか。

ウエノ薬局では、紫外線対策の内服と外用があります。

店頭にてお尋ね下さい。

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!