「なんとなく」の習慣が「なんとなく」の不調を生む

「なんとなく」好きだから、毎日食べているものはありませんか?朝はパンに決まっているとか、仕事中はずっとコーヒー飲んでいるとか…。知らず知らず習慣化している【食】が思い当たらないでしょうか。

カフェオレを1日5杯飲む人は牛乳が。お菓子を毎日食べている人は砂糖や小麦が。毎食ゆで卵(卵白)を食べている人は卵白アレルゲンになってしまう可能性があります。

「毎日のように食べていたものがアレルゲンだったなんてショック」というケースが多いのは、残念ながら現実です。一つの食物を過剰に摂取したことで、それが「アレルゲン」になる。アレルゲンだと思わない為、食べる食生活は続きます。そして気が付かないうちに毎日のようにアレルゲンが体内に入ってきます。その結果、カラダはずっとアレルギーの原因にさらされている状態になってしまうのです。

また、アレルギー反応の強弱にも個人差はありますが、どの年代にも共通してアレルギー反応が出やすい食物があることがわかってきました。

年齢に関わらず「アレルギー反応トップ5」に必ず入っている食物は、卵、牛乳、ヨーグルト、カゼイン(乳製品に含まれるたんぱく質)、チーズの5品目です。いろいろな形で「卵と乳製品」を多くとっている方が年代問わず多いということです。

意識して食べてる方もいれば、無意識に食べてしまってる方もいると思います。また、卵と乳製品は「健康にいい」というイメージがあり、料理にも使いやすいことから、家庭の冷蔵庫に常備されている食物だと言えます。また、多くの年代でトップ10までに入っているのが「製パン用イースト」です。

日本人の多くが遅発型アレルギーを起こしやすい食物は、「   卵・牛乳・製パンイースト」の3つだと言えます。1960年前後、国民を強くするために日本政府が推奨したパン、動物性たんぱく質・乳製品が、遅延型フードアレルギーの大きな原因になっているとはなんとも皮肉なものです。

  

症状はあるのに、病院に行っても治らない。薬をもらって対処しているけれど、頻繁に症状が出る。いくつもの専門医を訪れ、検査を繰り返したが原因はよくわからない。一昔前ならば、「病院に行っても治らないなんて、診てもらった医師が悪かった!」と思ったかもしれません。でも今は違います。医師でも原因がわからず、とりあえず飲み薬や塗り薬などの対処療法で症状を抑えるしかできない「病」や「症状」が年々増えているのです。医療の分野はものすごいスピードで日進月歩しています。それでもまた、「病院に行っても治らない」「対処療法しか選択肢がない」「原因がわからないものもたくさんあるのです。

これらの疾患が急増している背景には、必ず「食」がかかわっています。私たちが慣れきってしまった手軽な「食習慣」が「今すぐ命には関わらないけどいつまでも辛い不調」という疾患をもたらしているのです。

 

引用:むびょうニュース

 

香川☆

ゴールデンウィークに香川へ行きました!

香川へはよく出向いている方ですが、今回初めて桂浜へ行きました。

天候に恵まれてとてもきれいな風景が観られて満足です♬

近くの海では感じた事がない荒々しい波がとても印象的でした。

香川といえばおうどん(^○^)2軒はしごしました☆

2軒目に行った冷や天おろし、おすすめです!!めげずに並んでよかったと思いました!(笑)

 

 

旬の果物を食べるススメ

野菜や果物にはそれぞれ「旬」の時期があり、旬の時期に食べることは美味しいだけでなく、体によいと言われています。しかし、その理由についてご存知ない方も多いのではないでしょうか?今回は旬の果物を旬の時期に食べるのがよい理由や、果物の旬を年間でご紹介したいと思います。

なぜ旬の果物を食べるのがよいのか?

昔の人々は旬の食べ物を食べることによって、四季の変化を楽しんできました。また、旬の食べ物が人間のバイオリズムと深く関わっているとも言われており、気候の変動によってあらわれる体調の変化にあわせて食材を選ぶことも古くからの知恵であったとか。

旬の時期は果物によっても異なりますが、基本的には3~4ヶ月となります。果物が季節に適応しながら成熟していくため、他の時期に育つものよりも栄養価が高く、味も優れています。
女子栄養大学で20年間研究されてきたデータによると、野菜・果物の栄養価には必ず一年の間で山があり、栄養価が高くなった時期こそが、いわゆる「旬」といわれる時期であったというのです。そして、旬の時期ではない時に収穫されたものは、旬の時期の何倍もの量を食べないと同じ栄養が摂れません。
それならば、ぜひとも旬を意識してみてはいかがでしょうか?

 

季節によって変わる果物の旬

1月…温州みかん、いちご、ぽんかん、いよかん、ゆず、アボカドなど
2月…いちご、いよかん、はっさく、デコポン、温州みかん、ネーブルオレンジなど
3月…いちご、キウイフルーツ、デコポン、いよかん、甘夏みかん、はっさくなど
4月…いちご、びわ、マンゴー、グレープフルーツ、デコポン、甘夏みかん、はっさくなど
5月…さくらんぼ、びわ、青梅、マンゴー、ライチ、甘夏みかん、グレープフルーツなど
6月…ライチ、びわ、いちじく、あんず、さくらんぼ、プリンスメロン、スイカ、夏みかんなど
7月…ブルーベリー、ラズベリー、さくらんぼ、いちじく、あんず、桃、ライチ、スイカなど
8月…巨峰、マスカット、梨、いちじく、プルーン、すだち、桃、マンゴー、スイカなど
9月…柿、ぶどう、いちじく、ぎんなん、栗、梨、マンゴー、りんご、プルーンなど
10月…梨、ぶどう、ザクロ、柿、栗、ぎんなん、いちじく、りんごなど
11月…柿・ラ・フランス、ゆず、栗、ぎんなん、アボカド、りんごなど
12月…ラ・フランス、いちご、温州みかん、ゆず、いよかん、アボカドなど

ご覧のように、栽培方法の多様化によって旬とは関係なく一年中出回る果物が多くなりましたが、食べたい物を何となく選ぶのではなく、栄養価の高い旬の時期を知り、積極的に食べることが賢い食事の方法だと言えます。
また、収穫量も多くなることから値段も手頃になり、私たち消費者にとっては嬉しいことばかりなのです。

 

 

美肌レシピより引用

 

ふきのとう☆

ご飯がすすむ「」の食べ方 

ふきのとう」は、春の訪れを感じさせてくれる
山菜の一つです。

独特のほろ苦さがあり、
春の旬を味わう日本料理にかかせない食材です。

では、春の味覚である「ふきのとう」といえば、
どんなレシピが思い浮かぶでしょうか。

「ふきのとう」といえば天ぷらが一般的ですが、
他にも美味しいレシピがたくさんあります。

天ぷらの次に有名な食べ方は、
「ふきのとう味噌」です。

これは、茹でた「ふきのとう」を細かく刻んで、
練り味噌と合わせたものです。

ご飯のおかずとして、ぴったりの一品です。

「ふきのとう」のほろ苦さと、味噌の香りと甘みが
食欲を増進させます。

また、ご飯だけでなく、パスタ、パン、
コンニャク等にもよく合い、
お酒のあてとしても、親しまれています。

面倒に感じるアク抜きですが、
茹でる前に2時間程度、水に浸けておくと
アク抜き完了です。

また、アク抜き後に、たっぷりのお湯で
軽く茹でると、苦味が弱くなり、食べやすくなります。

このように茹でた「ふきのとう」を使うと、
炒め物にしたり、グラタンにしたり、
家庭でも「ふきのとう」を使った
季節感のある料理が手軽に作れます。

「ふきのとう」は、「ふき」の花の部分です。
育ち過ぎると硬くなり、苦味も強くなってしまう為、
旬の時期を逃さないうちに、季節の味覚を楽しんでみてください。

おいしいネットより引用

 

おしゃべり会番外編☆

こんにちは  (。・x・)

やっと春らしくなってきましたね!

ウエノ薬局で2ヶ月に1度行われる恒例のおしゃべり会。

今回は特別に、+@で美味しいお食事と一緒におしゃべりしました(*^_^*)

みなさん私達以上にたくさんの知識があっていつも圧倒されます!笑

こちらが勉強させて頂くことも多く、とても有意義な時間を過ごすことができて感謝です。

次回のおしゃべり会は今月です!詳細はいつでもお気軽にお尋ねください♬

 

バースデーケーキ☆

12月に友達と鍋パーティーをしました☆

その月は私の誕生日だったこともあり、最後に友達が手作りケーキを出してくれて感激しました(*^_^*)

わざわざ用意してくれたロウソクも可愛いです♪♪

いつもパンやクッキーを焼いてくれる料理上手な友達のケーキなのでまさに絶品でした~。

友達のお蔭で心に残る1日になりました。

 

冬、迷ったら白菜を買おう!

 

冬、迷ったら白菜を買おう!

白菜の特徴はなんといっても料理の応用範囲が広いこと。味にくせが無いので、色々な料理に使う事ができます。


厚生労働省によると、1日の野菜の摂取目標量は350g。うち、淡色野菜は230g摂ると良いと言われています。

これは、レタス中1個分にあたり、工夫しなければ美味しく食べることがが難しい量です。

しかし、白菜であれば色々な料理に応用が効き、加熱すると嵩が減りやすいため、野菜をたくさん食べたい時にもおすすめです。
冬、何を買うか迷ったら是非白菜を購入してはいかがでしょうか?

 

ビタミンCやカリウムが豊富

白菜には、風邪予防に有効なビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは水に溶けやすく光や熱に弱い特性を持っているため、疲労回復や美肌対策のためビタミンCをたっぷりとりたい場合は調理の工夫が欠かせません。

白菜を生で食べた場合と茹でた場合で比較すると、茹でた場合ビタミンCの摂取量は1/2に減ってしまいます。そのためサラダや塩もみ、汁までいただけるスープなど、色々な調理方法で摂取しましょう。

 

選び方のポイント

白菜は、白い筋の部分につやがあるものが新鮮です。葉が青々とし、黄ばみが無いものを選びましょう。よく見られる黒い斑点はごま症といって栽培時にストレス等を感じると現われますが、病原菌やカビでは無いので食べても問題ありません。

調理のポイント

部位によって、硬さや甘さが異なるため、調理する時は使い分けを意識すると良いでしょう。青々とした葉先や柔らかい中心部分は、生食に、その他は煮物など火を通す料理にすると美味しくいただけます。葉先部分は噛み切りにくいので、細かく切るとよいでしょう。

旬と保存方法

白菜の旬は11月~2月。寒い時期に甘みが増す野菜です。
保存する場合、カットしていないものは新聞紙など空気を通せるものに包んで冷暗所に立てて置きましょう。夏場など気温の高い時期は、冷蔵庫の野菜室がオススメです。ただし玉ごとビニールに入れて密封してしまうと、中が蒸れて腐りの原因となってしまうため要注意!

322

カットしたものはラップやポリ袋で密閉し冷蔵庫で保管して、早めに使い切りましょう。
また白菜は、塩もみ白菜として保存しても◎。白菜を1~2cm幅に切り、ジップロックなどに入れ1.5%の塩を振ってよくもみ、空気を出して密閉します。塩もみ白菜は、冷蔵庫で3~4日保存が可能です。

323

旬の白菜、おいしい健康のレシピでたくさんいただいちゃいましょう♪

引用先:クックパッド

 

ピンポンマム遊び。

マイブームのピンポンマム。

なんと友人がクリスマスプレゼントしてくれました ~(^o^)

あまりにも嬉しいので日々こんなことをして遊んでいます。

なかなか楽しいです♡(笑)

dsc_0832 16-12-22-21-17-44-980_deco

 

 

 

 

 

『冬の果物みかんを食べよう!』 栄養はビタミンCだけじゃない!

 

 

外食の多い人は、ついつい高カロリーのものを食べてしまいがちです。特に現代人は外食でなくても脂質を余分に摂取しがちです。脂質を多くとりがちな人に必要なものは食物繊維です。食物繊維そのものに栄養はないのですが、腸に長く食べ物がとどまると、体に不要なものまで吸収してしまうので、そうならないよう、食べたものを長く胃にとどめて、腸で余分に栄養を吸収しないための手助けをしてくれます。
食物繊維といえば、サツマイモとかリンゴなど、さまざまな食べ物をあげることができますが、今回は、含有量はそれほど多くはないものの、食べ方によっては、摂取量を増やすこともでき、その他風邪予防に効果のあるビタミンCも豊富な冬の果物「みかん」についてご紹介したいと思います。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

みかんの種類

みかんと言っても、温州(うんしゅう)みかん、紀州みかん、いよかん、ぽんかんなど味も色も大きさも様々な種類のものが挙げられます。日本で言われる一般的なみかんとは温州みかんのことですが、温州みかんにも青いもの、赤いもの、酸味の強いものなど約200種類もの系統があり、収穫時期によって呼び名も味も変わります。今回取り上げるのは、この温州みかん(以下、みかん)ですが、これにはいったいどんな栄養素が含まれていて、どんな効果があるのでしょうか。

みかんに含まれる栄養素とその効果

みかんにも、房、実などの部位にわけることができますよね。以下、その部位別の栄養素とその効果についてあげておきます。

○みかんの実

・「ビタミンC」
…免疫力をアップする効果があります。この季節には注意が必要な風邪の予防や風邪をひいてしまった後の細胞の修復にも、しっかり効果を発揮してくれますよ!!

・「クエン酸」
ダイエット効果、便秘の解消、疲労回復効果があります。クエン酸の詳しい話は、こちらのコラムを読んでくださいね。

・「βクリプトキサンチン」 …みかんのオレンジ色の色素の一種です。最近ガン予防効果があることがわかり、注目されている成分です。

○みかんの袋、スジ

・「ペクチン」
…フルーツジャムを作るときに、フルーツをゼリー状にしてくれる成分。水溶性食物繊維の一種です。みかんの袋や房には、このペクチンが実の4倍も多く含まれています。ペクチンには、コレステロール値を下げるはたらきもありますよ。

・「ヘスペリジン」
…血圧が上がるのを防いだり、毛細血管を強化して、血管と血液を元気にする効果があります。

他にも、β-カロテンや、ビタミンB群、ビタミンE、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

みかんの選び方、食べ方

上記にも書いたように、みかんの袋やスジの部分にも栄養は含まれています。ですから、食感はあまりよくないかもしれませんが、スジを取らず、袋のまま食べるのが栄養面では効果があります。お店などでみかんを購入する際は、皮の色つやがよく、ヘタが青くて小さいものを選ぶようにしましょう。皮の表面のきめが細かいものの方が、甘くてジューシーですよ。

みかんを食べるときの注意点

この季節、コタツに入ってテレビを見ながらみかんを食べていると、ついつい余分に食べてしまったりしますよね。でも、みかんを食べすぎるとカラダを冷やしてしまいがちです。冷え性の人や、膀胱炎を起こしやすい人は、食べすぎに注意しましょう。また、みかんをたくさん食べていると、指先や手のひらが黄色くなってしまった…なんて経験はありませんか。この症状は、柑皮症(かんぴしょう)と言われているのですが、みかんを食べるのをやめると治ります。みかんは1日2〜3個が適量です。

images-22

みかんの皮の利用方法

みかんの皮は、そのまま食べることはできませんが、さまざまな利用方法があります。
乾燥させた皮は、漢方生薬として使われていて、健胃剤として、または発熱を伴う風邪などの諸症状に効果があると言われています。
また、みかんを食べた後も皮を乾燥させてネットなどにまとめて入れて湯船に浮かべて「みかん湯」にするといいですよ。みかんの皮の入浴剤は体がポカポカと温まるので、冷え性やそれによる肩こり、腰痛、筋肉疲労などの改善に効果を発揮してくれますよ。

images-21

カラダカラ より

 

 

 

ピンポンマム

あまりメジャーではないキャラクターですが、

最近ピンポンマムというキャラクターがものすごく可愛くて大好きです。

近場では販売していなくて、1つも持っていないのですが、ことあるごとに画像を見て癒されています。

%e3%81%be%e3%82%80

(画像はお借りしました)

もともとピンポンマムという花があるのですが、その花をモチーフとしたキャラクターです。

お尻にお花が咲いてて、そういうところもとっても可愛いです!笑

しばらくピンポンマムブームが続きそうな宮本でした~。

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!