減り続ける日本人の便の量

【全ての病気は腸で始まる】この言葉は、古代ギリシャにおいて「医学の父」と呼ばれたヒポクラテスが残した名言です。

2400年も前から、腸の重要さを説いていたわけですが、現代の私たち日本人の腸はどうでしょう。便利な世の中になったことの引き換えに、生活習慣が乱れ、食習慣が変化し、今や2人に1人がガンにかかるという、世界有数のガン大国になってしまいました。

「食事が変われば腸が変わる。腸が変われば体が変わる」のです。様々な病気の元になっているのは「腸が嫌がる食事」に替えれば、カラダの調子はきっと上向きます。

幸せ物質と言われているドーパミンとセロトニン。これらの元になる必須アミノ酸は、人間の体内で作りだすことができない為、食物から摂らなければなりません。

また、腸内細菌が少ないとドーパミンとセロトニンは増えません。必須アミノ酸は体内に取り込まれると、ドーパミンとセロトニンの前駆体という物質にいったん形を変え、脳内に送られてから幸せ物質となります。

その前駆体を腸内で合成しているのが腸内細菌なのです。さらに、合成した幸せ物質を脳に送り込んでいるのも腸内細菌です。

こうして脳内ドーパミンとセロトニンが分泌できます。ところが今、日本人の腸内細菌が減り続けているのです。

実は腸内細菌の数は便の量と深く関係しています。便の約半数は死んだ腸内細菌と生きている腸内細菌とによって占められているため、便の量を調べれば腸内細菌の数が解ります。

日本人の欧米化した結果、食物繊維の摂取量が極端に減り、それに伴って便の量も減り続けているのです。

1日あたり27g摂っていた1950年代に比べ、現在はたった12gです。便の量がこの50年で約半分ほどになってしまったのは、肉類の摂取の増加、特にハンバーガーなどのジャンクフードが日常生活に入ってきたことが大きな要因です。

野菜の摂取量は極端に減ってしまってます。このような食生活では食物繊維を十分に摂ることは期待できません。なぜ食物繊維が大事かというと、食物繊維は腸内細菌が好んで食べるエサなのです。

 

エサをたくさん摂れば腸内細菌が増えていきます。食物繊維は野菜をはじめ、いも類、海藻類、豆類などに豊富です。

「腸のお掃除やさん」と言われるように、腸内環境を整えて便秘の予防になり、いい便を作るには大事な要素です。

 

 

運動不足 なぜ悪いのか?

「健康」を語るときのキーワードは、良質な食事と睡眠、そして適度な運動です。

しかし、結論を言うと食事と睡眠についてはカットできませんが、こと運動となると“時間がない、そのうち…”などつい後回しにしていませんか?

「運動不足」が悪い理由には、①筋肉が衰える ②太る ③骨がもろくなる ④ストレスを感じやすく免疫機能が低下する等があげられます。①~③は安易に納得できますが、なぜ④なのでしょう?ストレスを感じたカラダは、心拍数と血糖値が上がり、コルチゾールというストレスホルモン(神経伝達物質)が出て、アドレナリンも生産される仕組みになっています。

このときカラダが最優先するのは、ストレスという外敵から戦うこと。ストレスホルモンは体内に残ってしまい、コルチゾールのレベルや、血圧や心拍数は微妙に上昇。

つまり免疫などは後回しの状態になってしまうということです。

ストレスを感じたときこそ運動を(^○^)

エンドルフィンという快感を感じるホルモンが出て、コルチゾールの生産を抑えてくれます。

 

人工甘味料は糖尿病の引き金

糖質制限をするときに、人工甘味料を頼る人がいる。「砂糖じゃないから大丈夫」と考えてしまう。

血糖値を上げない、肥満にならないという触れ込みで、ずいぶん使われてきた人工甘味料だが、ここにきて、いろいろ問題があることがわかってきた。

健康な人が人工甘味料を摂り続けていると、腸内バランスを崩し、それにより「耐糖能」が悪くなって糖尿病になるという論文が出た。耐糖能とは、インスリンがブドウ糖を処理する能力のことだ。

つまり、人工甘味料を長く摂っているとインスリンの働きが悪くなってしまうのである。家族に糖尿病を患う人がいる場合、「自分も糖尿病になりたくないから、砂糖の代わりに人工甘味料を使っていた」というケースが多いのではないだろうか。

    インスリンの働き↓↓↓          インスリンの作用不足のしくみ↓↓↓

     

人工甘味料はAGE(タンパク質と糖が加熱されてできた物質)を増やすこともわかっている。AGEが糖尿病合併症の真犯人であり、全身の老化の原因であることは重ねて述べておきたい。

加えて人工甘味料が腸内細菌に悪さをすることも明らかになってきた。人間は、善玉・悪玉あわせて1~2キロくらいの腸内細菌を持っている。そのバランスが崩れると、さまざまな怖い病気の引き金になるころが報告されている。

なかでも「リーキガットシンドローム」という病気は注目に値する。私達が食事をすると、分解された栄養素が腸から吸収され、不必要な老廃物は便となって排泄される。ところがリーキガットシンドロームに陥ると、腸粘膜のひだに小さな穴が開き、本来であれば体内に取り込むべきでない毒素や未消化物を取り込んでしまうのだ。

それによってクローン病、食物アレルギー、リウマチなどを引き起こすことがわかってきている。人工甘味料は、市販の清涼飲料水などにも使われている。

「果糖ブドウ液糖」「アセスルファムK」「アスパムテーム」「スクラロース」「ネオテーム}「アドバンテーム」「サッカリン」などという表記があったら注意してほしい。

私達が糖質を摂ると、それは全てブドウ糖に分解される。そしてブドウ糖は腸から吸収されて血中に出ていく。血中にブドウ糖が出てきたことを察知すると、膵臓からインスリンが分泌される。

インスリンはブドウ糖が血中に溢れて血糖値が上がり過ぎないように、せっせと働く。

余ったブドウ糖をグリコーゲンという物質に替えて筋肉や肝臓などの細胞に取り込み、それでも余ったブドウ糖を脂肪に替えて脂肪細胞に取り込む。健康な時は、糖質を大量に摂っても膵臓からインスリンが出て、こうした作業を頑張ってこなしてくれる。

しかし、あまり無理をさせていれば膵臓だって疲れてしまう。そしてある時、「もうダメです」とインスリンを速やかに出せなくなって、血中のブドウ糖をうまく取り込めなくなってしまう。

これが「血糖値が高い」という状態であり、生活習慣が原因の2型糖尿病の始まりである。

もっともインスリンの出が悪くなろうとも、血糖値が上がろうとも、それだけでは何も感じない。だから多くの患者さんが一向に危機感を持たないでいるのだ。

 

むびょうニュースより

 

風邪の発熱

秋が深まり冬になるのはわかっていても、ついつい「まだ大丈夫」と寒さを甘くみて風邪をひいた、という経験はよくあるものです。

しかし振り返ってみると、寒さのほかに過労や悩み事、暴飲暴食、寝不足などが重なっていることに気づきます。

寒さから身を守るエネルギー不足も、風邪の一因です。

エネルギーが不足して疲れがたまると、寒さに対する防御も手薄になりますが、同時に「体のゴミ出し」もできなくなります。

そのゴミを強制的に出そうとする営みのひとつが発熱です。

牛黄は「出すべきものは出す」お手伝いをしてくれます。

感應丸気や清心元を服用してみてください。

 

食材ではごぼう。

テレビで「ごぼう茶」がよいと報道されたことがありますが、薬膳的にはツボの「商陽」(人差し指の爪。親指側の斜め下あたり)と似た性質を持っています。

あえてお茶にしなくても、コトコト煮込んだごぼうは美味しいものです。

きんぴらごぼうなど、身近な料理で味わうのも一つです。

 

座りっぱなし なぜ悪いのか?

「座り過ぎの生活は、喫煙に匹敵するほど悪い」という研究者の声を最近耳にします。座り過ぎはなぜ体に悪いのでしょう?

立っている時よりも背中への圧力がかかるというのがその理由のひとつ。背中や腰、首、お尻に痛みを感じている人のその4割が、毎日パソコンの前で長時間を費やしている調査から明らかになっています。

もうひとつの理由が、代謝機能の低下です。立ったり、歩いたりしているときは、足腰の筋肉の働きにより、血液中から糖や中性脂肪が取り込まれ、エネルギーとして消費します。

しかし、座りっぱなしだとその働きが滞り、血液もドロドロに。脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病を引き起こす原因に。

また、同じ姿勢を続けることで、腸への負担がかかり、重篤な病の発症リスクを高めることにもつながると研究者は警鐘を鳴らしています。学校の授業のように45分~60分に1度くらいは休憩時間を入れ、歩いてみたり、軽くカラダを動かすなどを心がけることも大切です。

 

 

 

免疫の7割を占める腸の話

人間の行動や考え方は、脳によって支配されているを長く考えられてきました。確かに、私達は頭で考えて何をするか、どうするかを決めています。

脳の研究は様々な分野で行われていますが、人間の脳細胞の数は数千億個。一般的にヒトが日々使っているのはそのわずか10%程度だそうです。未知の潜在能力をもつ脳の神経系には、今後も様々な発見が期待できます。

ところが、生物の進化の過程を見てみると、最初に神経系が誕生したのは、脳ではなく、腸だったことが明らかになってきたのです。

全ての生き物の脳は、神経細胞によってつくられる神経回路をベースとしています。生命や細胞の歴史の中で、最初に特殊化したのが神経細胞のひとつであるニューロンです。ニューロンは情報を受け取り、送るという働きをしています。

このニューロンが出現したのが、腔腸動物の腸の中なのです。腔腸動物とは、クラゲやイソギンチャクといった脳をもたない動物。腸が脳の役割を果たしています。このことが、まさに腸が脳の原型であることの証だといえるでしょう。

動物類はこの腔腸動物を基にして、2種類の系統に分かれて進化しました。ひとつは昆虫を頂点とした腹側神経系動物への進化です。もうひとつは、私たち哺乳類を頂点とした背側神経系動物への進化です。

後者は、腔腸動物からウニやナマコといった無脊椎動物の棘皮動物へと進化します。これらに脳構造は認められませんが、原始的な中枢制御機能をもつ介在神経が出現しています。

棘皮動物からはホヤなどの尾索類、やがて哺乳類へと進化の過程をたどり、ヒトの大脳皮質の発達した脳へとなっていきます。ウニやナマコは私達脊椎動物の遠い祖先ということになります。

地球上に初めて生命が誕生したのが、約38億年前。この時の生命に脳はなく、その約30億年後に腸が進化して脳ができました。私達の脳のルーツも、腸にあったというわけです。

 

 

藤田式 かしこい腸の育て方 より

 

季節性うつ病とカルシウム

【「季節性うつ病」とは?】

セロトニンは睡眠ホルモン「メラトニン」の原料となる物質です。

太陽光が少なくなる秋から冬の時期は、体内で作られるセロトニンの量が少なくなりがちです。

するとメラトニンの量も減って睡眠・覚醒のリズムやホルモン分泌のリズムが変調をきたし「倦怠感」や「気力の低下」など、うつ症状があらわれやすくなります。

まずは明るい光を浴びることを心がけましょう。

 

 

【カルシウムとセロトニン】

セロトニンはカルシウムなどのミネラルやビタミン群を摂取することで分泌されやすくなります。

セロトニンの分泌が増えることで、メラトニンの量も増え、睡眠の質も向上し、季節性うつ病の症状も改善されていきます。

また、日光不足がビタミンDの不足を招き、カルシウムが不足するために季節性うつ病を発症する説もあります。

どちらにしても十分なカルシウムの摂取により、季節性うつ病の予防・改善につながる効果が期待できそうです。

 

 

 

 

からだのバランス

8月7日に立秋を迎えましたね。

暑いようでも少しずつ、朝晩の風が秋を運んできてくれます。

年齢を重ねるにつれ、やがて秋の深まりとともに肌がガサガサしてきます。

老化というのは、ある意味でアンバランスとの闘いなのかもしれません。例えば熱中症。高齢者は水分不足に対する感受性が鈍くなっているため、水分補給が遅れて脱水症状に陥りやすいと言われています。

しかし膝には水が溜まっていたり、足がむくんでいたりと、体の中には水分が余っているように思われます。

これは家の中に必要なものがあるのか、ゴミがあるのか同じことです。買い物に行く体力もなければ、ゴミ出しをする体力もない状態が体で起こっているのです。

口の渇きも、唾液の分泌量の減少でいつも乾いている感じがするので、水分を補給しているようでも、水分を「必要に応じて活用する」能力が低下していれば、体を素通りして「頻尿」という形で排泄されてしまします。

ドライアイにしても、目の疲れで「涙目」になることもあります。

このような現象からわかることは「健康はバランスでできている」ということです。そのバランスが崩れ始めるきっかけが、疲れや無理、老化であって、「もうこれは普通じゃない」というレベルにまでアンバランスが進んだ状態が「病気」です。

ドライマウス、ドライアイ、ドライノーズと乾燥が問題になる部位が首から上に多いのも、「熱は上にたまる」性質があることと関係しています。暑がる人も、全身にまんべんなく熱がこもっているわけではなく、お腹、腰、足などが冷えているために、下へいくはずの熱が空回りして胸から上が暑く感じられるのです。

暑がりで腰痛、膝痛、足の裏が痛いなど「痛み」の症状がある場合、痛みの部位は冷えている可能性が高くなります。炎症があっても、触診でその周辺に冷えや「気虚」が見受けられることはよくあります。

体のバランスをとっている中枢は、腎だと思います。腎虚と腎陽で上手にバランスを保っているのですが、そのバランスの崩れの兆候が「水分の偏在」と「熱の偏在」です。

そのため老化も腎の衰えなので、老化が進めばアンバランスのふり幅も大きくなります。

腎陰虚と腎陽虚のバランスが気になりだしたら、亀の甲板、鹿の角といった薬膳の食材を利用するのも一つです。

 

 

実践ツボ講座より

 

500冊☆

読書メーターというアプリを使って、読書記録をつけています(*^_^*)中学の頃からひそかに記録し続けた今までの記録は500冊を超えていました~。

なんだか感慨深いです。中学から読書の楽しみを知って、高校や大学は空き時間を見つけてはよく図書館に籠ったものでした。

社会人になってからは当時と比べ読書に割ける時間は減りましたが、これからも読書からしか得られない感動に期待し、たくさんの作品に触れていけれたらいいなと思います。

 

夏に気をつけたい4つの食中毒

夏に気を付けたい4つの食中毒

みなさんは食中毒になったことはありますか?食中毒になると下痢や腹痛、発熱など非常につらい症状が現れ、重症化すると死亡につながる場合もあります。

梅雨から9月にかけての夏の時期には、高温多湿な状態が続き、細菌による食中毒が発生しやすくなるので特に注意が必要です。今回は夏に気を付けたい食中毒4つと具体的な予防策をご紹介します。

夏に多い食中毒の原因となる主な細菌は以下の4つです。

O-157(腸管出血性大腸菌)

加熱が不十分な食材から感染し、少ない菌でも発症し、感染症や食中毒を起こす毒性の強い細菌です。

感染すると4~8日後に下痢や腹痛、発熱などの症状が現れます。ひどくなると尿毒症や意識障害を起こすこともあります。

低温には強く冷蔵庫内でも生きていますが、加熱に弱い菌なので、中心温度を75.1℃以上に加熱することで予防できます。家畜の大腸に生息しており、家畜の糞便から水や食べ物を介して人に感染し、人から人へと感染します。生レバーなどには特に注意が必要です。最近では、2014年7月26日に開催された安倍川花火大会の露店で売られていた「冷やしきゅうり」から400人以上に感染しました。

カンピロバクター

汚染された水や食品、細菌を持っている動物との接触によって感染します。牛や豚、鶏などの家畜が細菌を持っていますが、犬や猫などのペットも持っていることがあります。

カンピロバクターは、65℃で1分間加熱することで死滅させることができます。感染から発症までは2~7日ほどかかります。まず、発熱、倦怠感、頭痛、めまい、筋肉痛などの症状が現れ、次に吐き気や腹痛におそわれます。その後、ギラン・バレー症候群を発症することもあります。

人間への感染源としては鶏が最も重要であると考えらえているため、鶏わさをはじめ、生の鶏肉を食べる際には注意が必要です。厚生労働省によると、カンピロバクターによる食中毒は年間約2000人が発症しています。

サルモネラ

サルモネラ菌は主にヒトや動物の消化管に生息しています。牛や豚、鶏などの家畜が細菌を持っていますが、犬や猫などのペットも持っていることがあります。

感染すると半日から2日で発症し、腹痛、嘔吐、下痢、発熱など風邪とよく似た症状があらわれます。食肉や卵は十分に加熱し、ペットに触れた後にはよく手を洗うなどすることが有効です。日本における食中毒の1~3割がサルモネラ属菌とされています。

黄色ブドウ球菌

身近なところでよくみられる菌です。健康な人ののどや鼻の中、動物の皮膚や腸管、ホコリの中など、あらゆるところに存在しています。様々な食べ物の中で増殖し、エンテロトキシンという毒素によって吐き気・嘔吐・腹痛などの症状を引き起こします。感染すると、30分~6時間(平均3時間)で発症します。

エンテロトキシンは熱に強いため、加熱しても毒性がなくなりません。そのため、予防のためには食品内での菌の増殖を防ぐことが大切です。手や指に傷がある人は調理をしない、調理の前にはしっかりと手を洗うなどを心掛けてください。黄色ブドウ球菌による食中毒は5~10月に増加するので、夏場は特に要注意です。

 
 
食中毒予防には細菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」の3つが効果的です。
それぞれの予防法は以下の通りとなります。
 

1.付けない

  • こまめに手を洗う
  • 肉や魚を切るときは使用する毎に包丁やまな板を洗剤で洗う
  • 肉や魚の汁が他の食品につかないように分けて保存する

2.増やさない

細菌の多くは10℃以下で増殖のペースが落ち-15℃以下で増殖が停止します。

  • 生鮮食品は速やかに冷蔵庫に入れて冷やす
  • 冷蔵庫内の温度上昇を避けるため、冷蔵庫のドアを開ける時間を短くし、冷蔵庫に食品を詰め込まない

3.やっつける

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅します。

  • 食品を加熱調理し、生食は控える
  • 肉や魚、卵を調理した調理器具に熱湯をかける
  • 調理器具を台所用殺菌剤で殺菌する

食品が原因で急性胃腸炎などを起こす食中毒は年間で2万~3万人ほどが発症しています。

体力が落ちやすい夏は睡眠と休養を十分にとって食中毒に備えるのが重要です。

 

いしゃまちより引用

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!