夏バテ

猛暑の夏バテは単に暑さだけの疲れではありません。

冷房による「温度差」の疲れも加わっているのです。

クーラーや冷たい物の食べすぎ・飲みすぎで冷えると、身体にこもった熱が出せなくなり、

暑さに耐え切れず疲れやすくなります。

 冬場は寒さで毛細血管が収縮するため、身体の奥の血管の血液量が増えて脳血管障害や

心臓病の発作につながると言います。

冷房に入れば同じような状況になります。

*冷房の影響が考えられる諸症状*

夏風邪、全身倦怠、足の裏の痛み、膝痛、

腰痛、肩こり、頭痛、下痢、便秘など。

natu

そこで注目したいのが「牛黄の作用」です。

熱中症もそこで注目したいのが「牛黄の開竅作用」です!

熱中症も夏バテも冷房病も、余分な熱と水分を外へ出す「代謝力」が低下するのは共通です。

しっかり出して、しっかり入れる。

夏こそ「霊黄参」の出番!

1回2カプセル1日2回まで空腹時にお白湯で飲んでください

yjimage[1]

熱中症の予防には、お出かけ前に

霊黄参1カプセル+サメミロン2でお出かけ下さい。

 

夏バテとアミノ酸

今の時期は日中の気温も30度を越える日があったかと思えば、激しい豪雨があったりと気温も湿度も変化の激しい季節ですが、この時期から食欲が無くなったり、毎日からだが重いといった夏バテ症状が出てきます。

ダウンロード

夏バテは梅雨の時期の気温が25度になった頃から発症し、お腹は空いてはいても、いざ食べる段になるとお腹が一杯のような気がして食べる気持ちが失せ始め、夜も温度が下がらなくなってくると睡眠不足になり、やる気がでない日が続くパターンに陥ってしまいます。夏バテの原因は暑さよりむしろ湿度の影響によることがわかっています。

暑さで汗をかくと皮膚がベタつき、この不快さが自律神経に影響、内臓器官の働きを低下させ、胃腸が活発に働かなくなり、食欲減退に至る。これに暑い夜の「眠れない」が重なり、次第に体力が落ち、元気がなくなる。

images (17)

高温でも湿度の低いハワイでは夏バテする人でも快適に過ごせたりするのも、湿気が原因であることの裏付です。

しかし、夏バテしやすい人と夏バテしにくい人との違いには、ある特徴があると言われております。

それは全てに当てはまる訳ではありませんが、普段からあんまり食べることに熱心でない人が夏バテしやすいといった特徴があるようです。

食べない分、冷たい飲み物ならノドの通りがいいとばかりに水分はとることで、膨満感を感じ、ますます食べたくなくなったりもする。また、女性の場合は、クーラーなどで身体を冷やし過ぎたりしていると内臓の機能が低下していることも多く、ダブルパンチということになってしまいます。

ウエノ薬局では、アミノ酸ドリンクをおすすめしています。

ビオアクト液 1本 税込 ¥3,456 

ビオアクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷房病とカルシウム

暑い日が続いており、特に近年の異常気象の影響により、子供や高齢者に限らず夏の健康管理は大変な時期です。

暑さを凌ぐことは熱中症や脱水症状の対策として大切ですが、あまり暑いからといって冷房温度の下げ過ぎは、食欲不振や頭痛、肩こりといった自律神経の乱れによる症状が出てきます。

冷房病による自律神経の乱れは汗を上手くかくことができなくなり、熱中症になりやすい体質になってしまったり、免疫力が低下して風邪を引いたり、慢性的な疲労感が続くことで仕事や日常生活に支障がでることとなります。

また、夏の暑い季節は視点を変えれば、汗をかくことで体内の毒素を排出する良いチャンスともいえますが、折角の体内の毒素を排出する機会をいつも冷房のかけ過ぎで体外に排出すべき毒素も体内に留まることなり、瘀血が発生しやすくなり、病気の元を作りやすい状況にしてしまいます。

この暑い季節は、体内においてのミネラルの消費量も多くなり、何かとミネラル不足にもなりがちになります。

ミネラルの中でも人間の体の中でも一番多く消費されるうえ、日本人は特に不足気味といわれているカルシウムには自律神経バランス整える効果があることが知られております。

また、カルシウム不足により暑さや涼しさなどを感じる皮膚の感覚が鈍感になってしまうことも分かっております

どこにも異常は見つからないのに何だか体調が優れないといった状態になる前に、冷房温度設定のチェックと十分な栄養補給とバランスの摂れた食事で暑い夏を元気に乗り越えて行きましょう。

また、夏場はあっさりとした食事が増えることでカルシウム不足になりがちですので、普段の食事に吸収の良いカルシウム製剤をプラスしてカルシウム不足にならないよう十分に補給することもひとつかもしれません。

 

電解カルシウム

 

 

 

 

 

 

 

めまいとカルシウム

一般に『めまい』は女性の方が男性より多いとされており、めまいの原因には耳や脳の異常などがありますが、

耳に原因があるめまいの中でも特に患者数が多いものとしては、良性発作性頭位めまい症があります。

なでしこジャパンの澤選手がなったことでも有名になりましたが、良性発作性頭位めまい症は起き上がったり、

寝返りを打ったりして頭の位置が特定の体勢になった時にめまいが起きます。

ダウンロード (14)

グルグルと自分も周囲も回ったように感じるかなり激しい発作で、吐き気を伴うこともあります。普通は30秒~数分(大体1分以内)で治まりますが、

再び頭を動かすことでめまいが起き、繰り返すうちに治まっていきます。もうひとつの特徴として、

他のめまいでは耳鳴り、難聴が伴うことも多いのですが、このタイプのめまいでは聴覚の異常は起こりません。

良性発作性頭位めまい症の原因は耳石器にある耳石が剥がれて、三半規管に入り込むためだとされます。

耳石器には耳石という小さな結晶がのっていて、これが耳石器上を移動することで頭の動き、傾きや加速度を感知し、三半規管は体の回転を感じます。

耳石は常に代謝されて、新しい耳石が作られているのですが、これが剥がれて落ちて三半規管に入り込むとバランス感覚が異常に刺激され、めまいが起きてしまいます。

illust06

耳石が剥がれる要因としては、長期間の寝たきりや頭を強くぶつけた時や感染症や加齢があげられます。

良性発作性頭位めまい症は40~50歳以降になると患者数が急増し、更年期以降の女性は更年期前に比べ、約3~4倍高くなるとされます。

このことから考えられるのは、女性は更年期を過ぎると女性ホルモンの量が減少し、カルシウム不足が起き易くなって、骨粗鬆症にもなりやすくなります。

耳石は炭酸カルシウムからできているため、カルシウムが不足することで耳石器から剥がれ易くなるとされます。電解カルシウム

カルシウム不足が良性発作性頭位めまい症の原因というはっきりとした研究結果がある訳ではありませんが、骨粗鬆症の方が良性発作性頭位めまい症を発症する割合が多く、骨粗鬆症薬の服用で再発し難くなったというデータもあるようです。

良性発作性頭位めまい症は予後の良好な疾患で9割の方は完治しますが、起こらないようにするためには日頃から十分にカルシウムを摂取しておくことは、めまいに限らず年齢を重ねていくうちに起こる様々な症状の予防と改善に効果的です。毎日の食事から十分にカルシウムを摂取しておくことは大変に重要ですが、食事だけでは不足しがちなカルシウムを普段の食事にプラスして吸収のよいカルシウム製剤で補うことも重要です。

calcium-image

 

 

 

浮腫み(むくみ)とカルシウム

今の時期は天気の悪い日が続いて、梅雨の時期に「体が浮腫み(むくみ)」という人が増えているようです。

ダウンロード

これは気圧が下がることで体の外側からの圧力が低くなり、血管から水分が漏れるためと言われております。

気温が不安定な状態が続くと自律神経の乱れ易くなったり、湿度が高くなることで体の中の余分な水分が

皮膚から発散され難くなるなど梅雨時は浮腫み易い条件が重なり合ってしまうことにより、様々な体調不良が

起こり易くなってくる季節でもあります。

この時期の浮腫みに対しての予防・改善策としては、適度な運動をしたり、塩分を控えめにそいたり、

身体のミネラルバランスに偏りがでないように十分にミネラルを補給することが重要だと言われております。

walking2

また体に溜った塩分を体外に排出させることも重要といわれており、浮腫みの予防と改善に効果的な栄養素として、

ナトリウムの排泄を促す働きのあるカリウム・カルシウムを積極的に摂ることが効果的です。

特にカルシウムとナトリウムの作用はお互いに「打ち消し合う」関係にあり、

カルシウムは体に溜ったナトリウムの排泄を促進する働きに加えて、過剰に摂取したナトリウムの吸収を妨げ、排泄され易くする働きがあります。

また、体にカルシウムが不足した状態にあるとナトリウムが蓄しやすくなり、体内に増えてくることにより、折角、

食事などから摂取したカルシウムが体に十分に吸収されないま排泄されてしまうことにもなります。

毎日食事から十分にカルシウムを摂取しておくことが大切なことは分かっていても普段の食事だけでは

不足しまいがちなカルシウムを普段の食事プラスにして吸収の良いカルシウム製剤で補うこともひとつです。

ダウンロード (11)

ウエノ薬局ではタチカワ電解カルシウムをおすすめしています。

 

電解カルシウム

 

 

 

美味しいチャーハン♡

先日、お客様から美味しいチャーハンのレシピをメールで送って頂きました。

作り方のポイントの写真あって、その下にひとつひとつ丁寧にコメント付いているレシピです!

玉葱と人参をに細かく切り、ベーコンは少し大きめに切って、卵を入れて塩とコショウで味付です。

作るポイントの写真とコメントが分かりやすく、そのお陰で美味しく出来たと思います。

玉葱を細かく丁寧に切って炒めた事で甘みが出て、ベーコンの香ばしさと卵がご飯に絡まってパラパラチャーハンの出来上がりです♪

料理が苦手で不器用な私が作ったと思えない、美味しいチャーハンができ、一人で食べながら感激してしまいました!(^^)!

教えて頂いたお客様に心から感謝です!!

つぶやき2

 

 

 

つぶやき3

つぶやき

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい鶏ハム♬

お客様に教えて頂いた鶏のむね肉のハムを作りました。

料理が苦手な私でも美味しくできてとても嬉しかったです。

日頃食べている鶏のむね肉は、とても堅いイメージがあるのですが、お客様から教えで頂いた鶏ハムはとても柔らかく出来上がりました。

そのまま食べても、サラダに入れてもとても美味しいです!!

塩コショウでシンプルな味付けでもいいし、カレー粉で香りづけにしてもても美味し料理の作り方で、こんなにも美味しくなった事に感激しました。

これからも美味しい物を作っていきたいと思います!(^^)!

 

鶏ハムレシピ↓↓↓

キャプチャ

 

五月病

新しい環境に入った人に5月頃に多く見られる「五月病」

新しい生活に夢中でいる間はいいですが、それがひと段落する5月頃に、知らず知らずのうちに蓄積さえた心身の疲れや、

新しい学校や人間関係などストレスのせいで、「やる気が出ない」、「ふさぎ込んでしまう」などの状態をこう呼んでいます。

新社会人の場合は、新人研修が終わって実際の仕事をはじめた後の6月頃に見られることが多いため、「六月病」とも呼ばれています。

6

ストレスを全く感じない日々を送るのは難しいことですが、症状を改善・緩和するためには、心身をリラックスさせる必要があります。

人間が起きている時には、ベータ(β)波という脳波が出ています。

ゆったりリラックスしている時にはアルファ(α)に変わります。

リラックスするためには、脳波をリラックスモードのアルファ波に切り替えることが必要になります。

アルファ(α)波は優位になっている時は、リラックスしている時だけでなく、集中している時もあります。

この状態の時には、いろんな事がプラス思考になり、楽しくもなります。

ウエノ薬局では、ストレスが少しでも緩和できるよう、お手伝いが出来ればと思っています。

ご相談下さい。

2

 

 

 

 

 

 

 

腸内フローラを整えるNo2

「便秘が良くなって体重が減った~」ってお客様から聞きます。

images (2)

でもこれって溜まっていたものが出て、その分軽くなっただけで、痩せていないのです。

でもがっかりしないでください。確かに皮下脂肪や内臓脂肪は減ってはいませんが、実は便秘の改善は、「太りにくい腸内環境」へシフトするチャンスなんです!

まずは【太りやすい腸内環境のプロセス】を解説します。

① 便秘になって、腸内環境が悪化する。⇒② 栄養の吸収率が悪くなる。⇒③ 栄養がちゃんと使われず、皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなる。⇒➃ 栄養の吸収率が悪い為、エネルギーを不必要に摂らなくてはいけなくなる。⇒⑤ 余分エネルギーを摂取して、結果太ってしまう。

こうした【太りやすい腸内環境のプロセス】も、便秘を改善して腸内環境をよくすれば、【太りにくい腸内環境のプロセス】に転換することが出来るのです。

便秘もちの人なら、肌荒れと腸内環境の関係性を実感している人も多いと思います。

そういった人は、便秘が解消されると肌荒れもよくなります。

images (15)

便秘で悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す毒素が血中に吸収されて全身を巡ってしまうので、皮膚にも影響を及ぼして、吹き出物や毛穴の黒ずみなどの肌荒れを引き起こしてしまうのです。

こうした腸内環境が悪くて肌荒れを起こしてしまっている人でも、善玉菌を入れ腸内環境フローラのバランスを整えることで、客観的な肌の標的の指標も本人自身の自覚症状も良くなったというデータもあります。

このほかにも腸内フローラのバランスがいいことのメリットはまだまだあります。

ストレスが感じにくくなる、アレルギー反応を起こしにくい体になる、発ガンリスクを下げる、血圧を安定させる、インフルエンザを予防する、コラステロール値を下げるなどもそうです。

腸内フローラのバランスを整えて腸内環境をよくすることが大切です。

ダウンロード (1)

 

腸内フローラのバランスを整える

腸内フローラを構成する腸内細菌は大きく分けて3つあり、この3つの腸内細菌は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7でバランスを取りながら腸内の中に棲んでいるのですが、それぞれ違う働きを持っています。

chounaisaikin (1)

善玉菌が頑張って、働くと悪玉菌の繁殖を抑えて腸内環境をよくするのはもちろん、腸の働きまで良くしてくれます。

それにより便秘や下痢と言ったお腹の不調が改善され、体に悪さをする病原菌が腸内に侵入するのを食い止めることも。

一方、悪玉菌は嫌いな臭いのもととなったり、からだに悪さする有害物質を作り出したりします。

便やおならが臭いと感じる時は、腸の中で悪玉菌が増えて、腸内フローラのバランスが崩れている可能性があります。

そして日和見菌は善玉菌が頑張っているときは善玉菌のような働きをし、悪玉菌が悪さをしているときは悪玉菌の見方をしてしまう菌です。

腸内細菌の中では日和見菌がもっとも多く、太る・痩せるを決定づける働きを持つと言われており、

日和見菌を見方につけて腸内フローラを整えるためには、善玉菌を増やす生活、悪玉菌を増やさない生活を心掛けることが大切です。

mig

大和酵素は、その手助けをすると思って私は毎日飲んでいます!(^^)!

slide_honzou21200ml (税込)7020円

 

 

 

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!