アレルギー通信No2

 昼夜を問わず暑さが続いた夏も終わり、朝夕は少し気温も下がってきて、少しずつ過ごし易い気候となってきましたが、季節の変わり目であるこの時期は体調を崩し易く、様々な不定愁訴等が出てきます。そのひとつに鼻炎があります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

 一般的に鼻炎といわれるものは鼻の粘膜が炎症を起こしていることをいい、鼻炎のタイプには感染性、アレルギー性、その他の要因として、外部刺激や薬剤などが原因となって鼻炎が起こると言われております。

 花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといったアレルギー性鼻炎の三徴候があります。これは花粉などのアレルゲンと呼ばれるアレルギー物質が原因となって、特定の季節だけに症状が出たりする季節性アレルギー性鼻炎や年間を通して症状が続く通年性アレルギー性鼻炎などがありますが、この季節の変わり目などにアレルギー性鼻炎と同じような症状を呈するにも関わらず、病院で検査をしても特定のアレルギー抗体が見つからず、血液・鼻汁にもアレルギー反応が起こっていない鼻炎症状を呈するものとして血管運動性鼻炎というものがあります。

 鼻かぜといわれる感染性の鼻炎などは風邪のウィルスに感染したり、疲れが溜まって鼻の粘膜や身体の抵抗力が弱くなったところに細菌などが感染して炎症が起きるといったようにアレルギー性鼻炎同様に原因は明確に判っていますが、血管運動性鼻炎の場合、発症原因はまだ十分に判っていないところも多く、有力な説としては周囲の環境に鼻粘膜の局所における自律神経がさまざまな刺激に対して、過敏に反応して鼻炎症状が発症すると考えられています。 

 また、血管運動性鼻炎の症状はアレルギー性鼻炎と同様にくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻症状を呈するために、今までアレルギー性鼻炎と思われている方の中には、実は血管運動性鼻炎である可能性も少なくありません。

 血管運動性鼻炎は季節の変わり目であるこの時期の気温や湿度変化といった様々な環境の変化が引き金となり、自律神経のバランスが乱れることにより、アレルギー性鼻炎のようなくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状が出てきます。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

 自律神経が乱れる原因には、睡眠不足、ストレス、不規則な生活リズム、慢性疲労、食生活の乱れがありますが、それらはカルシウム不足によっても起こってきます。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4

 

電解カルシウム1本(税込)4,104円 3本入り(税込)11,664円

電解カルシウム

 

ルミンAとカルシウム

 毎年、鼻炎、喉の痛み、咳などアレルギーで悩んでいる人が増えています。

花粉 人

 人には治す力というものがあり、アレルギーに限らずあらゆる慢性病的なものは、

食生活・生活習慣・ストレス・特に生活環境などが重なって、その人に持つ自然治癒力」

の器を上回ってしまったときに症状が出てくるものです。

 ルミンAはその人の「治す力」を上げるお手伝いをして、症状を緩和するお手伝いします。

✿ウエノ薬局がおすすめする飲み方✿

アレルギー体質の方には、ルミンAと一緒にカルシウムをおすすめしています。

これからの季節の予防と体質改善に、ルミンAとカルシウムをお飲み下さい。

服用方法

起床時すぐに、ルミンA1~3錠(口の中で溶かして下さい)

寝る前 電解カルシウム30cc

ルミンA 100γ電解カルシウム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃腸虚弱とアミノ酸

暑い日が連日にわたり続くとどうしても体が疲れ易くなる上に食欲まで低下してしまうということが良くあります。

特に夏の暑い時期は冷たい飲み物を頻繁に飲むことによって、胃酸が薄まってしまい消化不良を起こし易くなり、食欲の低下に繋がってきます。

images (18)

また、慢性的なタンパク質不足の人は胃腸虚弱の方が多いとも言われています。

ダウンロード (19)

その理由は、タンパク質は体内の化学反応を助ける消化酵素の材料となるため、不足すると食べ物を消化する消化酵素が胃腸で十分に作られず、分泌量も低下することで消化不良を起こし易くなると言われております。

タンパク質不足によって消化不良になると摂取したタンパク質も十分に消化吸収されないため不足は解消せず、更にタンパク質が体に不足した状態が慢性的に続いてしまうという悪循環にも陥ってしまいます。

ダウンロード (20)

タンパク質の消化には胃の働きが重要となり、胃酸でタンパク質を変性させたのち、消化酵素によりタンパク質は更にアミノ酸に分解されて小腸粘膜から吸収されますが、未消化のタンパク質は栄養素として吸収されません。

つまり、タンパク質不足で生じる胃腸虚弱の場合にはタンパク質を食べても上手く消化吸収できなくなるのです。

胃の細胞の再生には勿論、タンパク質が必要となるため、不足した状態にあると細胞の再生ができなくなります。

その結果、胃酸によって損傷を受けた胃の組織は完全に修復されず、固く萎縮し、機能が低下してしまいます。

慢性的な胃弱の人は胃が萎縮した状態なので食べ物が入ってきても十分な胃酸や消化液が分泌されません。

images (3)

これは、単に機能が低下しているからとも言えますが、弱くなった胃をそれ以上損傷しないように体が胃液の分泌を抑えていることも理由の1つと言われております。

慢性的な胃腸虚弱の方はタンパク質を十分に摂っても吸収できない状態に陥っている可能性がありますので、消化酵素分泌が低下した状態にあっても、しっかりと栄養を吸収しやすい形のものを摂る必要があります。

そのためにはタンパク質そのものを摂取するだけではなく、アミノ酸のような吸収されやすい形に分解されたものを普段の食事に加えて摂取することも慢性的な胃腸虚弱の方には有効な手段となってきます。

食欲はあるのに食が細く食べられないといった方や少ししか食べていないのに胃もたれ感のあるというような方は一度、普段の食事にバランス良くアミノ酸を含んだ機能性食品を取り入れてみることも効果的かも知れません。

ウエノ薬局では、夏バテ対策として、体質に合わせたサプリメントをご紹介しています。

ご来店の際にご相談下さい。

 

 

 

夏バテ

猛暑の夏バテは単に暑さだけの疲れではありません。

冷房による「温度差」の疲れも加わっているのです。

クーラーや冷たい物の食べすぎ・飲みすぎで冷えると、身体にこもった熱が出せなくなり、

暑さに耐え切れず疲れやすくなります。

 冬場は寒さで毛細血管が収縮するため、身体の奥の血管の血液量が増えて脳血管障害や

心臓病の発作につながると言います。

冷房に入れば同じような状況になります。

*冷房の影響が考えられる諸症状*

夏風邪、全身倦怠、足の裏の痛み、膝痛、

腰痛、肩こり、頭痛、下痢、便秘など。

natu

そこで注目したいのが「牛黄の作用」です。

熱中症もそこで注目したいのが「牛黄の開竅作用」です!

熱中症も夏バテも冷房病も、余分な熱と水分を外へ出す「代謝力」が低下するのは共通です。

しっかり出して、しっかり入れる。

夏こそ「霊黄参」の出番!

1回2カプセル1日2回まで空腹時にお白湯で飲んでください

yjimage[1]

熱中症の予防には、お出かけ前に

霊黄参1カプセル+サメミロン2でお出かけ下さい。

 

夏バテとアミノ酸

今の時期は日中の気温も30度を越える日があったかと思えば、激しい豪雨があったりと気温も湿度も変化の激しい季節ですが、この時期から食欲が無くなったり、毎日からだが重いといった夏バテ症状が出てきます。

ダウンロード

夏バテは梅雨の時期の気温が25度になった頃から発症し、お腹は空いてはいても、いざ食べる段になるとお腹が一杯のような気がして食べる気持ちが失せ始め、夜も温度が下がらなくなってくると睡眠不足になり、やる気がでない日が続くパターンに陥ってしまいます。夏バテの原因は暑さよりむしろ湿度の影響によることがわかっています。

暑さで汗をかくと皮膚がベタつき、この不快さが自律神経に影響、内臓器官の働きを低下させ、胃腸が活発に働かなくなり、食欲減退に至る。これに暑い夜の「眠れない」が重なり、次第に体力が落ち、元気がなくなる。

images (17)

高温でも湿度の低いハワイでは夏バテする人でも快適に過ごせたりするのも、湿気が原因であることの裏付です。

しかし、夏バテしやすい人と夏バテしにくい人との違いには、ある特徴があると言われております。

それは全てに当てはまる訳ではありませんが、普段からあんまり食べることに熱心でない人が夏バテしやすいといった特徴があるようです。

食べない分、冷たい飲み物ならノドの通りがいいとばかりに水分はとることで、膨満感を感じ、ますます食べたくなくなったりもする。また、女性の場合は、クーラーなどで身体を冷やし過ぎたりしていると内臓の機能が低下していることも多く、ダブルパンチということになってしまいます。

ウエノ薬局では、アミノ酸ドリンクをおすすめしています。

ビオアクト液 1本 税込 ¥3,456 

ビオアクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷房病とカルシウム

暑い日が続いており、特に近年の異常気象の影響により、子供や高齢者に限らず夏の健康管理は大変な時期です。

暑さを凌ぐことは熱中症や脱水症状の対策として大切ですが、あまり暑いからといって冷房温度の下げ過ぎは、食欲不振や頭痛、肩こりといった自律神経の乱れによる症状が出てきます。

冷房病による自律神経の乱れは汗を上手くかくことができなくなり、熱中症になりやすい体質になってしまったり、免疫力が低下して風邪を引いたり、慢性的な疲労感が続くことで仕事や日常生活に支障がでることとなります。

また、夏の暑い季節は視点を変えれば、汗をかくことで体内の毒素を排出する良いチャンスともいえますが、折角の体内の毒素を排出する機会をいつも冷房のかけ過ぎで体外に排出すべき毒素も体内に留まることなり、瘀血が発生しやすくなり、病気の元を作りやすい状況にしてしまいます。

この暑い季節は、体内においてのミネラルの消費量も多くなり、何かとミネラル不足にもなりがちになります。

ミネラルの中でも人間の体の中でも一番多く消費されるうえ、日本人は特に不足気味といわれているカルシウムには自律神経バランス整える効果があることが知られております。

また、カルシウム不足により暑さや涼しさなどを感じる皮膚の感覚が鈍感になってしまうことも分かっております

どこにも異常は見つからないのに何だか体調が優れないといった状態になる前に、冷房温度設定のチェックと十分な栄養補給とバランスの摂れた食事で暑い夏を元気に乗り越えて行きましょう。

また、夏場はあっさりとした食事が増えることでカルシウム不足になりがちですので、普段の食事に吸収の良いカルシウム製剤をプラスしてカルシウム不足にならないよう十分に補給することもひとつかもしれません。

 

電解カルシウム

 

 

 

 

 

 

 

めまいとカルシウム

一般に『めまい』は女性の方が男性より多いとされており、めまいの原因には耳や脳の異常などがありますが、

耳に原因があるめまいの中でも特に患者数が多いものとしては、良性発作性頭位めまい症があります。

なでしこジャパンの澤選手がなったことでも有名になりましたが、良性発作性頭位めまい症は起き上がったり、

寝返りを打ったりして頭の位置が特定の体勢になった時にめまいが起きます。

ダウンロード (14)

グルグルと自分も周囲も回ったように感じるかなり激しい発作で、吐き気を伴うこともあります。普通は30秒~数分(大体1分以内)で治まりますが、

再び頭を動かすことでめまいが起き、繰り返すうちに治まっていきます。もうひとつの特徴として、

他のめまいでは耳鳴り、難聴が伴うことも多いのですが、このタイプのめまいでは聴覚の異常は起こりません。

良性発作性頭位めまい症の原因は耳石器にある耳石が剥がれて、三半規管に入り込むためだとされます。

耳石器には耳石という小さな結晶がのっていて、これが耳石器上を移動することで頭の動き、傾きや加速度を感知し、三半規管は体の回転を感じます。

耳石は常に代謝されて、新しい耳石が作られているのですが、これが剥がれて落ちて三半規管に入り込むとバランス感覚が異常に刺激され、めまいが起きてしまいます。

illust06

耳石が剥がれる要因としては、長期間の寝たきりや頭を強くぶつけた時や感染症や加齢があげられます。

良性発作性頭位めまい症は40~50歳以降になると患者数が急増し、更年期以降の女性は更年期前に比べ、約3~4倍高くなるとされます。

このことから考えられるのは、女性は更年期を過ぎると女性ホルモンの量が減少し、カルシウム不足が起き易くなって、骨粗鬆症にもなりやすくなります。

耳石は炭酸カルシウムからできているため、カルシウムが不足することで耳石器から剥がれ易くなるとされます。電解カルシウム

カルシウム不足が良性発作性頭位めまい症の原因というはっきりとした研究結果がある訳ではありませんが、骨粗鬆症の方が良性発作性頭位めまい症を発症する割合が多く、骨粗鬆症薬の服用で再発し難くなったというデータもあるようです。

良性発作性頭位めまい症は予後の良好な疾患で9割の方は完治しますが、起こらないようにするためには日頃から十分にカルシウムを摂取しておくことは、めまいに限らず年齢を重ねていくうちに起こる様々な症状の予防と改善に効果的です。毎日の食事から十分にカルシウムを摂取しておくことは大変に重要ですが、食事だけでは不足しがちなカルシウムを普段の食事にプラスして吸収のよいカルシウム製剤で補うことも重要です。

calcium-image

 

 

 

浮腫み(むくみ)とカルシウム

今の時期は天気の悪い日が続いて、梅雨の時期に「体が浮腫み(むくみ)」という人が増えているようです。

ダウンロード

これは気圧が下がることで体の外側からの圧力が低くなり、血管から水分が漏れるためと言われております。

気温が不安定な状態が続くと自律神経の乱れ易くなったり、湿度が高くなることで体の中の余分な水分が

皮膚から発散され難くなるなど梅雨時は浮腫み易い条件が重なり合ってしまうことにより、様々な体調不良が

起こり易くなってくる季節でもあります。

この時期の浮腫みに対しての予防・改善策としては、適度な運動をしたり、塩分を控えめにそいたり、

身体のミネラルバランスに偏りがでないように十分にミネラルを補給することが重要だと言われております。

walking2

また体に溜った塩分を体外に排出させることも重要といわれており、浮腫みの予防と改善に効果的な栄養素として、

ナトリウムの排泄を促す働きのあるカリウム・カルシウムを積極的に摂ることが効果的です。

特にカルシウムとナトリウムの作用はお互いに「打ち消し合う」関係にあり、

カルシウムは体に溜ったナトリウムの排泄を促進する働きに加えて、過剰に摂取したナトリウムの吸収を妨げ、排泄され易くする働きがあります。

また、体にカルシウムが不足した状態にあるとナトリウムが蓄しやすくなり、体内に増えてくることにより、折角、

食事などから摂取したカルシウムが体に十分に吸収されないま排泄されてしまうことにもなります。

毎日食事から十分にカルシウムを摂取しておくことが大切なことは分かっていても普段の食事だけでは

不足しまいがちなカルシウムを普段の食事プラスにして吸収の良いカルシウム製剤で補うこともひとつです。

ダウンロード (11)

ウエノ薬局ではタチカワ電解カルシウムをおすすめしています。

 

電解カルシウム

 

 

 

美味しいチャーハン♡

先日、お客様から美味しいチャーハンのレシピをメールで送って頂きました。

作り方のポイントの写真あって、その下にひとつひとつ丁寧にコメント付いているレシピです!

玉葱と人参をに細かく切り、ベーコンは少し大きめに切って、卵を入れて塩とコショウで味付です。

作るポイントの写真とコメントが分かりやすく、そのお陰で美味しく出来たと思います。

玉葱を細かく丁寧に切って炒めた事で甘みが出て、ベーコンの香ばしさと卵がご飯に絡まってパラパラチャーハンの出来上がりです♪

料理が苦手で不器用な私が作ったと思えない、美味しいチャーハンができ、一人で食べながら感激してしまいました!(^^)!

教えて頂いたお客様に心から感謝です!!

つぶやき2

 

 

 

つぶやき3

つぶやき

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい鶏ハム♬

お客様に教えて頂いた鶏のむね肉のハムを作りました。

料理が苦手な私でも美味しくできてとても嬉しかったです。

日頃食べている鶏のむね肉は、とても堅いイメージがあるのですが、お客様から教えで頂いた鶏ハムはとても柔らかく出来上がりました。

そのまま食べても、サラダに入れてもとても美味しいです!!

塩コショウでシンプルな味付けでもいいし、カレー粉で香りづけにしてもても美味し料理の作り方で、こんなにも美味しくなった事に感激しました。

これからも美味しい物を作っていきたいと思います!(^^)!

 

鶏ハムレシピ↓↓↓

キャプチャ

漢方相談のお申込みは、086-223-1373まで!