めまいの原因とカルシウム

一般に『めまい』は女性の方が男性より多いとされており、めまいの原因には耳や脳の異常などがありますが、耳に原因があるめまいの中でも特に患者数が多いものとしては、良性発作性頭位めまい症があります。

グルグルと自分も周囲も回ったように感じるかなり激しい発作で、吐き気を伴うこともあります。

普通は30秒~数分(大体1分以内)で治まりますが、再び頭を動かすことでめまいが起き、繰り返すうちに治まっていきます。

もうひとつの特徴として、他のめまいでは耳鳴り、難聴が伴うことも多いのですが、このタイプのめまいでは聴覚の異常は起こりません。

良性発作性頭位めまい症の原因は耳石器にある耳石が剥がれて、三半規管に入り込むためだとされます。

耳石器には耳石という小さな結晶がのっていて、これが耳石器上を移動することで頭の動き、傾きや加速度を感知し、三半規管は体の回転を感じます。

耳石は常に代謝されて、新しい耳石が作られているのですが、これが剥がれて落ちて三半規管に入り込むとバランス感覚が異常に刺激され、めまいが起きてしまいます。

耳石が剥がれる要因としては、長期間の寝たきりや頭を強くぶつけた時や感染症や加齢があげられます。

良性発作性頭位めまい症は40~50歳以降になると患者数が急増し、更年期以降の女性は更年期前に比べ、約3~4倍高くなるとされます。

このことから考えられるのは、女性は更年期を過ぎると女性ホルモンの量が減少し、カルシウム不足が起き易くなって、骨粗鬆症にもなりやすくなります。

耳石は炭酸カルシウムからできているため、カルシウムが不足することで耳石器から剥がれ易くなるとされます。

カルシウム不足が良性発作性頭位めまい症の原因というはっきりとした研究結果がある訳ではありませんが、骨粗鬆症の方が良性発作性頭位めまい症を発症する割合が多く、骨粗鬆症薬の服用で再発し難くなったというデータもあるようです。

良性発作性頭位めまい症は予後の良好な疾患で9割の方は完治しますが、起こらないようにするためには日頃から十分にカルシウムを摂取しておくことは、めまいに限らず年齢を重ねていくうちに起こる様々な症状の予防と改善に効果的です。毎日の食事から十分にカルシウムを摂取しておくことは大変に重要ですが、食事だけでは不足しがちなカルシウムを普段の食事にプラスして吸収のよいカルシウム製剤で補うことも重要です。

電解カルシウム1本4,104円3本11,664円

 

The following two tabs change content below.
長谷川真理

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。
長谷川真理

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ