いつもの運動+10分で生活習慣病や認知症のリスクが低下

今、日本人の運動不足が改善されていない現状があります。

日本人の1日の平均歩数は、平成9年と21年とでは、男女ともに約1,000歩減少しています。

これは時間にすると約10分の身体活動になります。

walking2

これまで多くの研究から、今よりもっと10分多く体を動かすことで、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病で3.6%、

がんで3.2%、認知症やロコモティブシンドロームで8.8%、それぞれの発症リスクを低下させることがわかっています。

また、1年間継続すると体重を1.5~2㎏減らせるといわれています。

普段の生活に「+10分」で健康を手に入れ、健康寿命を延ばせるというわけです。

まずは1日の中で、いつ、どこで、どのようにすれば10分多く体を動かせるかを考えてみましょう。

ダウンロード

「このときに出来そうだな」と思ったら早速実行に移しましょう。

ただし、体調が悪いときは無理をしないこと。

なお、病気や痛みがある場合はかかりつけ医や薬剤師などにご相談ください。

 

classAより

mental-img13

 

 

The following two tabs change content below.
大倉 千華

大倉 千華

関連ページ