腸内フローラのバランスを整える

腸内フローラを構成する腸内細菌は大きく分けて3つあり、この3つの腸内細菌は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7でバランスを取りながら腸内の中に棲んでいるのですが、それぞれ違う働きを持っています。

chounaisaikin (1)

善玉菌が頑張って、働くと悪玉菌の繁殖を抑えて腸内環境をよくするのはもちろん、腸の働きまで良くしてくれます。

それにより便秘や下痢と言ったお腹の不調が改善され、体に悪さをする病原菌が腸内に侵入するのを食い止めることも。

一方、悪玉菌は嫌いな臭いのもととなったり、からだに悪さする有害物質を作り出したりします。

便やおならが臭いと感じる時は、腸の中で悪玉菌が増えて、腸内フローラのバランスが崩れている可能性があります。

そして日和見菌は善玉菌が頑張っているときは善玉菌のような働きをし、悪玉菌が悪さをしているときは悪玉菌の見方をしてしまう菌です。

腸内細菌の中では日和見菌がもっとも多く、太る・痩せるを決定づける働きを持つと言われており、

日和見菌を見方につけて腸内フローラを整えるためには、善玉菌を増やす生活、悪玉菌を増やさない生活を心掛けることが大切です。

mig

大和酵素は、その手助けをすると思って私は毎日飲んでいます!(^^)!

slide_honzou21200ml (税込)7020円

 

 

 

The following two tabs change content below.
長谷川真理

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。
長谷川真理

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ