美味しい甘いみかんの選び方

 

冬に向かうにつれて食べたくなる果物の一つ、みかん。

今回は美味しい甘いみかんの選び方をご紹介します。

images-22

●みかんの大きさ

小さめが味が濃くて美味しいです。

サイズで言えばMまで。

それ以上だと味が薄くなっているような感じがします。

ただし、年末年始から店頭に並ぶ、皮が分厚くて平べったい「青島」という品種は、大きさによって味の変化はありません。

●みかんの皮の色

黄色い色よりも、橙色寄りの赤みが濃い色のみかんが美味しいと言われています。

また、触った感じが柔らかく、皮と身がくっついていて、皮のつぶつぶが細かくなめらかな、キメの細かいみかんが美味しいです。

なぜ美味しいというのは、枝の先にぶら下がった、糖分の溜まりやすいみかんであることが多いからです。

●みかんのへたの軸

へたの軸は細い方がいいです。

軸が太いものは、大きな枝になったものが多く、枝の中央部分の「導管」と呼ばれる通路から多くの水分が入り、大味になりやすいです。

軸が細いものは、「導管」が細く、「師管」と呼ばれる通路から、多くの栄養が送られていますので、甘みの濃いみかんになります。

●みかんの形

丸くてとても甘い「由良早生」という品種もありますので、一概には言えないようですが、縦に丸いものより、平べったいもののほうが、酸っぱくない感じがして、美味しいと一般的に言われています。

●みかんの重さ

糖分が多く含まれている水分は重いので、持ってみてずっしり重い感じのものが美味しいです。

 

これからみかんを買うときは、これらのことを意識して買ってみてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.
大倉 千華

大倉 千華

関連ページ