私の膝関節炎からの経過について (前半)

今年本当に悩まされた私の膝関節炎の経過についてお伝えしますね。(今はだいぶ歩けるようになりました。)

 

7月初め 

お客様を追いかけて走っていると、突然左足がガクーンいう音と共に跪きました。なんだろう?歩けない訳でもないし、と仕事を続けました。帰るころには、足を引きずりながらの状態でした。

翌朝、膝がパンパンに脹れていて足を曲げたりできず、歩行は左足で完全にびっこの状態でした。早速に、整形外科を受診しました。急性の関節炎で、注射器で40ccリンパ液が採取されました。お医者さんからは、湿布と炎症止めのみ。

%e8%b6%b32 00

完全に歩行ができなく、相談室の2階に登れないから仕事ができません。もちろん、左の足は赤く脹れて曲がらないので、毎日の生活が一苦労です。一度膝を痛めた経験がある方の辛さが濃く実感しました。

8月のお盆まで、

  •  炎症;清心元+田三七+越皮加朮湯2倍量
  •  骨膜;サメミロンV+骨砕補
  •  炎症時;バイオリンクBCEX

9月初め

 少し落ち着きましたが、リハビリと思って朝ウオーキングを続けるまで回復しました。

一安心かと?思いきや、左足が腫れて繰り返す度に不安がよぎりました。もちろん、歩行は普通になったのですが、以前炎症が慢性への気配を感じずにはおれません。

 処方は、

  • 慢性の炎症 ヨクイニン湯+桂枝加朮附湯に変更して

腫れが慢性化しないように対処しました。

~後半へつづく~

The following two tabs change content below.
上野 永津子

上野 永津子

略歴 1951年 岡山県備前市伊部生まれ 1973年 第一薬科大学卒業 薬剤師免許取得 岡山労災病院薬剤部勤務 1975年 臨床検査技師免許取得 ウエノ薬局開局 2005年 上海気功研究所 医療気功終了証書取得 所属研究会 日本薬剤師連盟 会員 動物生薬研究会 会員 中国NMC 副会長 健康科学協会 会員 生体エネルギー研究会 会員 セロトニン研究会 会員 学校薬剤師

関連ページ