熱中症の予防と応急処置

熱中症は、ちょっとした注意で防ぐことが出来ます。

また、レジャーのときばかりではなく、普段から心がけてほしいポイントを挙げてみたのでさっそく今日から試してみましょう。

●体調を整える

 睡眠不足や風邪気味など、体調の悪い時は暑い日中の外出や運動は控えましょう。

●服装に注意

 通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶりましょう。

●こまめに水分補給

 「のどが渇いた」と感じた時には、すでにかなりの水分不足になっていることが多いものです。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。特に夏場は汗と一緒に塩分が失われることを考えると、スポーツドリンクなどを飲むのがオススメです。

●年齢も考慮に入れて

 体内の機能が発育途中の子供や、体力が衰え始めた高齢者は熱中症になりやすいです。年齢を意識して、予防を心がけることも大切です。

virus_zutsuu

熱中症になってしまったら

熱中症かもしれないと思ったら、まず真っ先にしなければならない基本中の基本を挙げてみたので、いざというときのためにぜひ覚えておいてください。

●涼しいクーラーの効いた室内などに移動する

●衣類をゆるめて休む

●体を冷やす

 氷や冷たい水で濡らしたタオルを手足に当てる。氷や冷たい水がない場合は、タオルやウチワ、衣服などを使ってあおぎ、風を送って冷やしましょう。

●水分を補給する

 このとき水分だけではなく、汗によって失われた塩分も補給する必要があります。スポーツドリンクなどを少しずつ何回にも分けて補給しましょう。

 

ここまでは自分でもできる応急処置です。軽い症状の場合はこれでいい場合もありますが、気分が悪くなるほどなら、ここから先は周囲の人にサポートしてもらう必要があります。あなたの家族や友人・知人が熱中症になった時のことを考えて、ぜひ頭に入れておきましょう。また、レジャーなどに出かける時は、タオルや冷たい水を入れた水筒、スポーツドリンクや日陰を作れるようなパラソルやレジャーシートなどを持参しましょう。

 

ヘルスクリックより

The following two tabs change content below.
大倉 千華

大倉 千華

関連ページ