温度差にご用心

暑さで頭がクラクラするような時、冷房が効いたところへ入ると、何とも気持ちがいいものです。

しかし再び炎天下に戻れば、今度は以前より温度の振り幅が拡大しているので、うまく外の温度に体を合わせることが出来ず、めまいや熱中症、体のだるさを引き起こすことがあります。

そんなときにおすすめな生薬と食材をご紹介します。

生薬:牛黄

暑さに負けはじめると、汗が出なくなります。また冷房で汗が引くと、肌が冷やされることで身体の中に「出すべき暑さ」が残ってしまいます。牛黄は夏特有の「体にこもった暑さ」を外へ出すお手伝いをしてくれます。

ウエノ薬局にも牛黄の商品多く取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください☆

 

食材:すいか

暑さ負け対策には、誰もが知っている夏の定番「すいか」です。暑さに応じた気持ちいい汗を出すお手伝いをしてくれます。

トイレの回数が少なく、足のむくみが気になるなど、夏バテで余分な水分が出せない身体にいい旬の食材です。

ぜひ積極的にとりいれてみてください。

The following two tabs change content below.
瀬尾 由佳

瀬尾 由佳

趣味: 休日は音楽鑑賞へ出かけたり、読書を楽しんでいます。             ①スキンケアーとお手入れ会 季節や生活環境の変化と同様、お肌の状態はいつも一定ではありません。そしてお客様が生まれ持っている肌質に合った化粧品・スキンケア用品を見つけていくことが大切です。現在お持ちのお肌のお悩みがある方はぜひご相談下さい。 あなたにあった化粧品をセレクトしご提案いたします。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康のお手伝いをニュースキャンでさせて頂いています。セラピーに癒されに来てください。
瀬尾 由佳

最新記事 by 瀬尾 由佳 (全て見る)

関連ページ