春の肩こりに・・・

暦では冬は11月の立冬から始まり、2月の節分で終わる事になっています。

寒さの実感としては、12月から3月までのような気がしますが、体調の変化で分けるなら

12月~1月⇒冬の身体・2月~3月⇒春の身体

冬の身体の特徴

寒くなる一方で、気温が安定した寒さに耐え続けるという、我慢比べの日々になります。

症状/寒さによる腰痛・膝痛・頻尿など腎虚の症状が多い。

春の身体の特徴

たまに暖かい日があり、寒さに対する油断と寒暖の差で体調を崩しやすくなっています。

症状/花粉症・めまい・肩こり・頭痛・耳鳴りなど、肩から頭にかけての症状が多い。

 

春は肝の働きが旺盛

①寒さで氣血の巡りが悪くなる

②それによって血熱が肝に集まる

③結果、肝熱となって熱が上昇しやすくなる

冬は下半身の冷え・春は上半身の冷えのぼせにご用心。

 

春に肩こりに牛黄がおすすめです!

The following two tabs change content below.
長谷川真理

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。
長谷川真理

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ