我が家の話

我が家の症例を紹介いたします。

主人は、両親を7年間自宅で介護生活を送り、自宅は、主人の事務所と繋がっているので毎日仕事と

介護の生活を送っていました。   もちろん、介護スタッフの方の協力はありました。

83

   上野 実(主人) 

 昨年10月に主人の母親がなくなり、5か月経過した頃の今年3月に主人に上半身赤い湿疹と黒い色素沈着を発見して、唖然としたのです。

そして、不思議にかゆくもなく無症状なのです。

医療気功で見ると、慢性の脳疲労と自律神経の消耗、肝臓の解毒低下の反応でした。

その時の処方をご紹介いたします。

処方前の状態

80  81

 

処方

脳疲労:  アッシュワン顆粒倍量+サメミロンV

肝臓解毒: 紫霊芝+バイリンク粒倍量

H28年3月12日 服用を始める 殺菌に、カタライザー

次回(三か月後)の状況をお伝えしますね。

 

 

The following two tabs change content below.
上野 永津子

上野 永津子

略歴 1951年 岡山県備前市伊部生まれ 1973年 第一薬科大学卒業 薬剤師免許取得 岡山労災病院薬剤部勤務 1975年 臨床検査技師免許取得 ウエノ薬局開局 2005年 上海気功研究所 医療気功終了証書取得 所属研究会 日本薬剤師連盟 会員 動物生薬研究会 会員 中国NMC 副会長 健康科学協会 会員 生体エネルギー研究会 会員 セロトニン研究会 会員 学校薬剤師

関連ページ