カルシウム通信 No1                        

尿路結石とカルシウム                          

これから本格的に寒くなってきますが、汗を掻く夏場には喉が渇いたり、熱中症の予防のためにこまめに水分補給を意識してされていたと思いますが、

段々と寒くなるこの時期には1日の水分摂取量が減ってきます。

寒くなるこの時期でも夏場ほどではないものの、体からは思っている以上に汗や尿などで水分が多く排出されているために知らず知らずのうちに体は脱水状態となり、「かくれ脱水」になっている可能性があります。

水分摂取量が低下することで起こり易くなる病気の1つに尿路結石があります。尿路結石は激しい痛みを伴うことから三大激痛や痛みの王様とも言われています。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-23

尿路結石は30〜60代の男性に多く(男女比約2.5対1)、上部尿路(腎杯・腎盂・尿管)にできるものと下部尿路(膀胱・尿道)にできるものに分けられ、95%が上部尿路結石と言われております。

代表的な結石は蓚酸カルシウムで、燐酸カルシウム、またはその複合結石が大多数を占めており、その他にも尿酸結石、燐酸マグネシウムアンモニウム結石、シスチン結石などがあります。

このように結石の多くにカルシウムが含まれているため、カルシウムを摂り過ぎで結石になり易くなると思われている方も多いのですが、実は結石はカルシウムの摂り過ぎではなく、その逆で結石の方の多くがカルシウムの摂取不足によって、結石を起こり易い状態になっていることが知られています。

電解カルシウム

カルシウム摂取量が不足すると血中のカルシウム低下してしまう結果、骨からカルシウムを血中に溶かし出し、

血中のカルシウムの量を元に戻そうとして必要以上の余分なカルシウムが骨から溶け出してしまいます。

つづく

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201512/images/PK2015120102100072_size0.jpg

The following two tabs change content below.
長谷川真理

長谷川真理

趣味: コンサートに出かけて、大声で叫んで楽しむことです。 ①びわ温灸指導員 冷えや肩こりの方に、体を芯から温めることによって代謝をあげるお手伝いをしています。私自身もお話とすることで、元気をいただいております。 ②ニュースキャン担当 お客様の健康レベルをアップできるように、サポートしています。
長谷川真理

最新記事 by 長谷川真理 (全て見る)

関連ページ